【蔵前】ごま油の香りが食欲を刺激する 蔵前いせや

台東区内には3軒のいせやがあります。
まずは吉原大門近くの土手の伊勢屋、次に千束いせや、そして蔵前いせや。美味しい天丼がいただける3軒が兄弟だというのは有名な話です。

建物が登録有形文化財になっている土手の伊勢屋が長男、千束いせやが次男、蔵前いせやが三男。

今回は三男の「蔵前いせや」さんの紹介です。

土曜日に1週間分の食材をまとめ買いしているのですが、購入量を見誤ったのかチルド室の野菜がカラになってしまった金曜日の夜。また明日の朝スーパーに行くのだからと外に食べに行こうと決めました。
「最近いせやに行ってないね」となり、のれんをくぐることになりました。

まずは「今週もおつかれさまでした」のビールから。

お通しは枝豆です。きれいなグリーンカラーです。

天丼迷って…海老穴子丼をお願いしました。
店内に設置されているテレビを見ながら待ちます。店内にはごま油の香ばしい、いい香りがたちこめています。
ほどなくして着丼です。

穴子がどんぶりからはみ出しています。
衣が厚めで黒く、タレは醤油が際立ち、甘さ控えめなのが特徴な、これぞ江戸前天丼の勇。
ここは好みが分かれるところですが私は好きです。
穴子はふわっとしており、海老もぷりっとしています。野菜はレンコン、茄子、ししとうが入っていました。

セットのお新香も抜かりなく美味しい。

お味噌汁も出汁がきいた優しいお味のお味噌汁です。

ここ最近は週末のランチタイムになるとオープン前から並んでいる人を見かけるようになりました。私が頼んだ海老穴子丼などのグランドメニューはもちろん注文できますが、ランチがとってもお得なんです。

《蔵前いせやのランチメニュー》
5種類のどんぶりが各700円

•エビ3本丼
•穴子1本丼
•かき揚げ丼
•キス2尾丼
•フグ天丼(限定5食)

•天丼 1000円
•定食 1200円

700円はすごいですね。食べログを見てみると2012年は650円で提供していた模様。50円の値上げでも700円は立派です。企業努力を感じます。
これは列をなしてオープンを待つのもわかる気がします。
1階はカウンター席、2階はお座敷になっており、回転もいいのでさほど待たずに入れるかと思います。

店員さんが大きな声で喋っていてもお客さんが入ってくるとピタッと会話をやめるのもご愛嬌といった感じで下町らしくもあり、なんだかクスッと笑ってしまうのです。

さてさておなかもいになったことだし、お隣の栄久堂さんでどら焼きでも買って帰ろうかな。

今日もごちそうさまでした。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:蔵前いせや

住所:東京都台東区蔵前4-37-9

営業時間 :11:30~14:30 / 17:00~20:30

定休日:水曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告