【蔵前】THEオトコの料理が味わえる居酒屋 蔵の灯

蔵前橋通りから少し入ったところにある「蔵の灯」さん。このあたりは住宅地と企業と飲食店が混在するエリアで、夜は人通りも少なくなります(昼も静かだけど)。さらど、夜にお店の前を通りかかると暖簾をくぐるビジネスマンを度々お見かけすることがあって、一度来てみたいなと思っておりました。念願叶って訪問が叶いましたので、レポートです。

まずはお通しから。うおー、3種とはなかなかやるな。お通しが映えると一気に期待度が高まります。

そして今日もおつかれさまでしたのビールでカンパイ。

定番のポテサラ。きゅうりや人参やハムやらの色目が入ってないあたりが逆にいさぎよい気さえする。あ、お味はなめらかで美味しいポテサラです。

レモンサワーをお願いしました。ドに○印、どういう意味なんだろう…。

B級グルメの王様、甲州名物鶏モツの煮込み。スプーンに隠れて見えないですが、キンカンが2つ入っておりました。煮込みは甘目濃いめなお味でさっぱりしたレモンサワーと相性ばっちりです。

そして手羽先ギョウザ。どうだ、基本的に色が茶色いぞ。緑や赤が登場しない、いわばインスタ映えとは対極にありますが、どれもお酒がすすむ酒好きにはもってこいのお店です。

手羽先ギョウザもギョウザの餡がたっぷりつまっておりました。

ここで日本酒登場です。升の「大関」の文字が凛々しい。

こちらで頼むべき一品を。自家製ロースハム。お肉なの旨味がぎっしり詰まったロースハムです。この塩加減が絶妙で日本酒がすすむ。

最後に〆のオムソバです。かなりボリュームあります。〆でおなかいっぱいになりました。

店内は本当にあっさりした感じで、カウンターの向こうの厨房には男性しかおりませんでした。

雑誌dancyuは「男子厨房に入らず」から名付けられたのは有名な話ですが、こちらは「男子厨房酒場」のdancyu。

こちらは食べログにもレビューがないし、ぐるなびもないし、初訪問にはちょっとハードルが高いですかね。しかしながら、味は確かです。

さあおなかいっぱいになったし、そろそろ帰ろうかな。

明日もがんばろう。ごちそうさまでした。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:男子厨房酒場 蔵の灯

住所:東京都台東区蔵前4-5-4 日比ビル1F

営業時間:11:00 〜14:00 / 17:00 〜23:00

定休日:日曜日

男子厨房酒場 蔵の灯居酒屋 / 蔵前駅浅草橋駅両国駅

夜総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告