【御徒町】カジュアルだけど正統派の洋食店 キッチンさくらい

雨が降った週末、御徒町の駅に降り立ちました。
御徒町といえば宝石問屋街と耐震工事が終わったガード下のセンベロ酒場とラーメンの聖地。そして魚でおなじみの吉池ビル。インバウンドの爆買いブームのときは多慶屋の前では物々交換がおこなわれていました。春日通りの向こう側にはアメ横の入り口があります。およそおしゃれさからはかなりかけ離れていますが、味のあるなかなか面白い街でもあります。

さて、そんなカオスな御徒町に似つかわしくない、カジュアルだけど正統派な洋食店がキッチンさくらいです。ビルの6階にあります。
店内はテーブル席がいくつかと、店内の中心に10人掛けくらいの大きなテーブルがあります

おひとりでの利用が多いのも特徴です。


予約して行ったのでテーブル席に通されましたか、フリのお客さんは大きなテーブル席に通されていました。

さて、まずはビールをいただきます。セットメニューも充実しているので、悩む悩む。軽くつまんでからお腹の具合で決めることにしましょう。


まずは特製キッチンサラダが運ばれてきました。特製キッチンサラダはサーモン、アボカド、ブロッコリー、温泉卵をチーズドレッシングでいただくおつまみ系サラダです。スモールサイズとはいってもボリュームがあります。温泉たまごを崩してよく混ぜていただきます。

タコの唐揚げはしっかりとあがっており、ほんのりスパイシーで、ビールがすすみます。

ムール貝の香草パン粉焼です。ムール貝の粒が大きい。バターがしみたパン粉とムール貝の旨味がマッチしていて美味しい!

さて、メインはどうしましょう。さすがにおなかも満たされつつあるので、セットメニューは次回にしましょう。グラタンにしようかオムライスにしようかナポリタンにしようか…心は揺れますが、やはり洋食の王道といえばデミグラスソースハンバーグ。心を決めました。

おお…山盛りマッシュルーム。ハンバーグはしっかりしたタイプ、デミグラスソースはやや苦みより酸味が目立つタイプです。

赤出汁、ごはん、お新香の和食セットでいただきました。

こちらはエビフライと迷ったカニクリームコロッケです。キャベツは柔らかく、きれいな形をしたカニクリームコロッケはトマトソースかソースでいただきます。

おなかいっぱい、夜はナシにします。美味しかったよ~。

キッチンさくらい。緑に囲まれたテラスから眺める新しい東京の色。下町の特等席で愉しむ優しく懐かしい味。

お会計の際、現在建て替え中の上野松坂屋南館が見えました。パルコとTOHOシネマズが入るらしいです。11月4日、リニューアルオープン予定です。

上野フロンティアタワー」というビル名で、テナントにはディーンアンドデルーカやSABONなど今まで下町には遠すぎた、素敵なブランドたちが入る模様。待ち遠しいです。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:キッチンさくらい

住所:東京都台東区上野3-27-3 6F

営業時間:

月〜金 11:30〜15:00(LO14:30)
17:30〜22:45(LO22:00)
土曜日 11:30〜22:45(LO22:00)
日曜日 11:30〜21:45(LO21:00)

定休日:無休

キッチンさくらい洋食 / 御徒町駅上野御徒町駅上野広小路駅

昼総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告