【上野】南イタリア漁師の船着場にある魚介専門トラットリアを上野で チロンボ・マリーナ

2017年7月26日にオープンしたファンデス上野。先日、土佐清水ワールドのカツオの藁焼き定食のランチ記事を書きましたが、なかなかなお店がそろっているようです。

2017.7.26にオープンしたファンデス上野の土佐清水ワールド東京上野店のランチの紹介記事です。

ファンデス上野は1フロア1店舗、全部で10店入っています。エレベーターを降りるとそこはすでにお店、というわけです。3Fに入っている『チロンボ・マリーナ』さんでホリデーランチをしてきました。

ホリデーランチは5種類ありますが、それぞれパスタとピザに前菜のビュッフェ(1回きり)とパン、カフェがつくAセットとBセットをお願いしました。画像がぼけている…。

前菜のビュッフェに急ぎます。これがねー、ビュッフェの罠ですよ。つい盛りがちになるビュッフェ。1種類のポーションは少なくとも、10種類くらいあるので結構なボリュームになります。この後きたパスタもピザも結構なボリュームなので、前菜の量には注意したいところです。←ココ重要。試験に出ます(ウソ)。

前菜ビュッフェのイメージ写真です。ビュッフェコーナーに置かれている各種のお皿が多くないため、すぐになくなってしまうようでした。補てんもされるでしょうが、「少なかった」という声も聞こえてきたので、タイミングはあるかもしれません。1回しか取りに行けないので、ドキドキです。

前菜をとりに行っている間にビールが到着。スーパードライです。イタリアのビールなどもあるようで、ドリンクはグランドメニューをお願いできる様でした(ランチはランチメニューのみ、グランドメニューは注文できません)。

パスタが到着、ひき肉とこぼうとグリーンピースのボロネーゼです。いやいや、ボリュームがすごい。パスタ120~130gぐらいでしょうか。食べても食べても減らない…なぜ前菜をもっと控えなかったのか。バカ、私のバカ。そんなことを考えながら、何とか完食しました。

パスタはアルデンテで美味しかったです。

ピザはマルゲリータです。石窯で焼かれるピザは直径25cmくらいでしょうか。皮がモチモチのナポリピザです。

セットの自家製パン2人分です。

カフェはコーヒー・エスプレッソ・アイスティーから選べます。量もたっぷり。

お店は南イタリア漁師の船着場にある魚介専門トラットリアを模しているとのことで、店内は船をイメージしており、店員さんも元気で明るく感じの良い方ばかりでした。

メニューを見るとやはり夜がよさそう。魚介に特化している当たり(お肉がない)、同行者を選びそうですが、これは行ってみたいです。

今日も美味しかったです。ごちそうさまでした。

↓こちらからメニューを見ることができます。

チロンボマリーナはカラブリア州の美味しい魚介とワインの楽園チロ・マリーナの宴の場。「捕りたて、捌きたて、茹でたて、焼きたて、煮たて、揚げたて、炒めたて」 素材をシンプルに、魚介をふんだんに使ったボリューム満天の豪快イタリアンです。

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:チロンボ・マリーナ

住所:東京都台東区上野7-2-4 FUNDES上野3F

営業時間:11:30~15:00 / 17:00~24:00

定休日:年中無休

魚イタリアンと薪きピザ チロンボ・マリーナ 上野店イタリアン / 上野駅京成上野駅稲荷町駅

昼総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告