【田原町】第34回かっぱ橋道具まつりと買ったもの

かっぱ橋道具まつりとは

今年で34回目を数えるかっぱ橋道具まつりとは、かっぱ橋道具街を中心に各店舗のおすすめ商品や掘り出し物をお安くショッピングできたり、様々なイベントを通じて街歩きを楽しめる1週間です。

2017年の開催日時と会場

2017年の開催日時

2017年10月3日(火)~9日(月・祝) 10:00~17:00

※10月9日(月・祝)は歩行者天国のため、車両通行止めになります。

会場

かっぱ橋道具街

台東区生涯学習センター(1階の図書館の中に併設されている池波正太郎記念館もおすすめです。)

金竜公園

矢先稲荷神社

以上の4か所は、かっぱ橋道具街を中心に付近でまとまっているので、会場に置かれているマップやチラシなどで確認する程度で大丈夫です。

かっぱ橋道具街のアクセス

■JRを利用

・山手線・京浜東北線「上野」「鶯谷」駅(徒歩15分)

■つくばエクスプレスを利用

つくばエクスプレス「浅草」駅(徒歩5分)

■地下鉄・私鉄を利用

・東京メトロ銀座線「田原町」駅(徒歩5分)

・東京メトロ日比谷線「入谷」駅(徒歩6分)

・都営浅草線「浅草」駅(徒歩13分)

・東武スカイツリーライン「浅草」駅(徒歩13分)

今年の様子

とにかく人・人・人です。かっぱ橋道具街は歩行者用通路が狭いのが特徴です。せっかく歩行者天国になっているからと道路の真ん中を歩けば商品が見えない…ということに気が付くという。歩行者用通路を歩けば人の山ですれ違うのも大変という状況です。

またかっぱ橋道具街を外れたところを歩いていると駐車難民になっている車とたくさんすれ違いました。多少駐車料金がかかっても、出足は早い時間に越したことはないというのがイベントがある日の浅草です。

コインパーキングが空いてないときは

ちなみにタイムズや三井のリパークなどの大手の駐車場は、スマホなどから駐車場の空車満車の確認ができますので、駐車場に困ったらこちらの利用もおすすめです。

台東区生涯学習センター

かっぱ橋スイーツフェスとして、スイーツ販売がありました。

こちらは事前申し込み制のお菓子作り体験です。手元の様子は左側のモニターに映し出されます。

他にも歩行者天国では地元小学校のブラスバンドパレードや地元チアリーディングなどイベント盛りだくさんです。

なぜか歩行者天国では家具の販売が行われていました。

買ったものを紹介

厚手の鍋とフライパンを見たいなと思っており、向かった先はお鍋の博物館です。

業務用アルミニウム・ステンレス鍋のエキスパート、中尾アルミ製作所の公式サイト。ホテルオークラ、帝国ホテル、レストランキハチなど料理専門家からご支持をいただき50年。料理長の技と味をその弟子達へ、母の味を娘達へ。味と技を伝える鍋、中尾アルミ。

こちらはレジで20%OFFになりますということで、思わず買ってしまいました。UMICの玉子焼き器。たまご1~2個利用で作れるというのでお弁当用に購入です。なんとこちら、予熱がいらないんですって!帰宅してからアマゾンで調べたところ、評価も高いし、なんとアマゾンよりお安かった…うれしい。

そして同じくお鍋の博物館2階で販売していた伯方の塩シリーズです。これだけ入って700円でした。藻塩だけで1000円超えなので、お得感満載です。先日てんぷら下村に伺った時に開店の挨拶ということで粟国の塩をいただいたばかりなので、普段使っている塩と合わせて全部で6種類の塩があることになります。当分塩買わなくて大丈夫そう。

まとめ

かっぱ橋道具まつりにまじめに参加したのは今回が初めてなのですが、やっぱりお得なんだな~としみじみ思います。

お店ごとに得意なジャンルがあるのも特徴なので、購入したいものがあればいくつかお店を絞ってじっくり比較するのが賢い買い方かもなと思いました。また希望の商品があれば、可能であれば値段のリサーチもしておきたいところです。

ま、なんにしてもお得に購入できたので満足です。

それではまた来年。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ