【浅草】観音裏で偶然出会ったうな重 うなぎたての屋

雨の週末、浅草観音裏に蕎麦を求めて出かけたのですが、なんと臨時休業。ガーン。とはいえここは浅草。飲食店はいくらでもあります。しかも美味しいお店が。気を取り直して付近を物色…そして目についたのがこちら『うなぎ たての屋』さんです。

たての屋さんがオープンしたのは2015年3月。しかしながら浅草には鰻店が多いのも事実で、お気に入りのお店があるので伺うことはないかと思っていました。アクシデントがいい風を呼びました。

まずはビールから。アサヒとキリンがありますが、隅田川の向こうにはアサヒビール本社がありますので、やはりアサヒを頼まずにはいられません。

お通しは奈良漬…かと思いきや、椎茸を甘く煮たもの。美味しい。

とりわさがやってきました。むちっとしたとりわさです。茹でたみつばと和えているので爽やかなとりわさになっています。ビールより日本酒が欲しい。

少々待って白焼(竹)がやってきました。白焼は100回の手返しが必要といわれるそうですが、たしかに出てくるまで時間がかかります。わさびをつけていただきます。うなぎの香りがふわっと広がります。

白焼きのあとはうな重登場です。うな重は特上・松重・竹重・梅重の4種類でうなぎのボリュームが違うとのこと。まんなかの竹重をお願いしました。特上にはきも吸いがつきますが、それ以外は別注なので、きも吸いもつけました。

うなぎが光ってますよ~。なにげに今年初めてのうなぎです。たれはすっきりとしており、ごはんは若干固めな仕上がりで好みのタイプです。

きも吸いは出汁がきいた、美味しい吸いものです。手まり麩がかわいらしい。

うな重についてくるお新香もぬかの香りが爽やかです。お吸いものやお新香などのサイドメニューが美味しいと俄然お店に対しての印象がよくなるのはなぜでしょうか。

サービスで出していただいたなすのお新香です、こちらも美味しかった。

ちなみに左は同行者が注文した松重。右は私の竹重比べてみるとやはりうなぎの大きさが違いますね。自分のおなかと相談して注文しましょう。

 

カウンターには信楽焼のたぬきの置物が鎮座しています。商売繁盛の縁起物ですね。

久しぶりのうなぎ、美味しかった~。

浅草の鰻店といえば、浅草寺付近に集まっている鰻店は予約必至だったり、予約不要だと開店前から行列していたり、値段が高額だったりとあまりバランスが良くないといえると思います。観音裏ですが、たての屋さんみたいにふらりと入って美味しいうなぎをいただけるというのは、いいポジションなのかなと思ったりします。

近所にアニマル浜口氏のトレーニングジムがあります。気合いだ。

これから寒くなる時期に旬を迎えるうなぎ。今日も美味しくいただきました。ごちそうさまでした。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:うなぎ たての屋

住所:東京都台東区浅草3-20-4

営業時間:11:30~14:00 /  17:00~21:00

定休日:水曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告