【新御徒町】もんじゃは下町のソウルフード てっぱん大吉

雨が続いていて、職場でも洗濯物が乾かないという会話が聞こえています。着るものは迷うし、野菜の高騰も心配だし、台風は来るというし、気持ちも晴れないし、困ってしまう。
そんな中、オフィスを引越ししたのでお祝いがてら引越しそばならぬ引越しもんじゃということで、『てっぱん大吉』さんにうかがいました。
こちらのメニューを見てしまうと、月島のもんじゃはなんであんなに高いのか不思議です。

まずは生ビールで乾杯。

お店の屋号を冠した大吉サラダ自家製ドレッシングが美味しいです。あらかじめ冷蔵庫に入れられていたサラダは野菜がシャッキリしています。


つまみに焼きものをとりましょう。シーズンメニューの牡蠣バター焼です。10cmはあろうかという大ぶりの牡蠣が5個、お皿に載せられてきました。鉄板に油をひいてまずは2個牡蠣を焼きます。焼き色がついたら仕上げにバターと醤油をたらしていただきます。牡蠣がジューシーで美味しい!

次はげそバター焼です。こちらも半分の量を先に焼いて牡蠣と交互にいただくことにします。ビールが進む。

まるごとレモンサワーです。カットしたレモンをそのまま凍らせたワイルドな一杯。レモンが凍っているので氷いらず。飲み終えてしまえば「なか」だけ注文できるというのも魅力です。

さて、もんじゃに移りましょう。明太もんじゃ(450円)に「もち(50円)」と「チーズ(100円)」をトッピングです。計600円。

まず具材だけ鉄板に広げててこで具材を切りつつまんべんなくまぜていきます。具材をサークル状に土手をつくったら生地を流し込みます。生地が煮立ったら全体を混ぜて広げてできあがりです。

↓写真付きのもんじゃの作り方はこちらをどうぞ。

動画と写真つきレシピ。おいしいもんじゃ焼きの作り方をオタフクソースがご紹介いたします。

豚・そば・たまご天です。まず豚を焼きます。その間にすべての材料を混ぜ、豚に焼き色がついたらお好み焼きを焼いていきます。

べつにたまごが1つついてくるので、目玉焼きにしてトッピングします。ソース、マヨネーズと青のり、鰹節をかけたらできあがり。鰹節かけすぎた。

家でも料理をし、外でも調理をし。付近のテーブルに家族でいらしていた方はパパさんが作っておられました。うらやましすぎる。人が作ってくれたものは何でもおいしいと感じるタイプです。

店内は簡素な造りですが、そこがまた味があっていいんです。

おいしかった。ごちそうさまでした。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:てっぱん大吉 小島店

住所:東京都台東区小島2-1-11 三源ビル 1F

営業時間:[月~土]17:30~23:00 / [日・祝]17:00~22:00

定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告