【上野】昭和の香り漂ういぶし銀の焼鳥 鳥清

今年は梅雨のまま夏になだれ込み、秋っぽいなと思ったら雨が続いて冬になだれ込みそうな勢いです。とはいいつつ、御徒町の吉池ですじこが安くなっていたのでさっそく醤油漬けにしました。少しでも秋を感じることができればいいな。

さて、本日は縦画像で登場です。東上野にありますいぶし銀の焼鳥『鳥清』さんです。

JR上野駅を出て昭和通りを渡り、1本入ったところにお店があります。

吉田類氏の酒場放浪記で拝見して、ずっと伺いたいと思っていたお店です。放送はずいぶん前だったのですが、なかなかタイミングが合わず。やっと伺うことができました。

まずは生ビールから乾杯。

お通しはうずらおろしです。シブい。

おつまみにお願いしたのがぬたです。酢味噌がいい塩梅です。すでに日本酒をもらうべきじゃないかと思うのですが…。

鳥サラダです。鳥サラダといえど、鶏は入っておらずマヨネーズベースのさっぱりとしたとしたサラダです。ビール片手にぬたと野菜サラダをつまみにいただきます。

では、焼鳥をいただきます。まずはおまかせ4本です。

つくねとレバーです。継ぎ足されたタレがしっかりからんでいます。レバーがねっとりしていて美味しい。つくねも軟骨入りでしっかりとした歯ごたえがうれしい逸品です。

ねぎまと正肉です。塩でいただきますが、辛子がいいアクセントになります。

皮の塩焼きです。こちらは2本しばりがお決まりです。偶数で来店した方がいろいろな部位が楽しめるかと思います。皮も焼き目がきれいで、甘い脂がじゅわっと溶けだします。こちらも辛子がいいアクセントになっています。

日本酒をいただきました。

おまかせのレバーが美味しかったので、今度は塩焼きをいただきました。今度はレバーの味がダイレクトに伝わります。鮮度のいいレバーです。

串の最後はチーズ巻きです。チーズと鶏、合いますね。とろけだすチーズと鶏肉と塩のハーモニーです。

お新香の盛合せです。それぞれの色がきれいですが、ぬか漬けの塩梅もちょうどよく、ぬかの香りが鼻に抜けていきます。

そして〆は鶏スープです。こちらはご主人が作られていました。鶏の出汁がしっかりきいた、優しい味わいのスープです。飲んだ後に、つかれた胃に優しいスープです。

いやー美味しかった。

店内では御主人、大女将、若主人、女将さんで切り盛りされています。お客さんは近隣にお勤めと思われる中年期の男性ばかり。写真撮っているのなんて私くらいのもので、みなさんしっぽりとお酒をくみ交わしておりました。隣の方が注文されていた鶏鍋が美味しそうでした。寒いうちに伺いたいと思います。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:鳥清

住所:東京都台東区東上野3-17-3

営業時間:[月~金]17:00~23:00 / [土]17:00~21:30

定休日:日曜日・祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告