【蔵前】隅田川を一望できる絶品イタリアン ビストロバルトロワキュイ

季節は冬に移行中ですが、夏にお店に伺ったときの話です。こうやって写真を見てみると、夏らしい食材がふんだんに使われているのだなと感じます。季節ごとの美味しい食材を生かした美味しいお料理がいただける隅田川が臨むイタリアン、『ビストロバル トロワキュイ』さんです。

まずはレモンサワーからいただきます。すっきりさっぱりの一杯です。

炭火と鉄板を使ったお料理が得意な浅沼シェフの調理の様子が、ライブで見ることができるカウンターがおすすめです。

ホワイトアスパラのプランチャートリュフ風味です。プランチャーとは鉄板焼きのこと。

オマール海老と夏野菜の温かいサラダです。オマール海老のプリッとした、弾力のある食感がうれしい一皿です。オクラやビーツ、ズッキーニなどの夏野菜の色がきれいです。

白ワインはニュージーランドの作り手、ぶどう品種はソービニヨン・ブランです。ハーブや青りんごなどの爽やかな果実を感じさせ、すっきりしていて夏にはぴったりの1本です。

未来コーンのかき揚げです。 フルーツのような甘さのコーンは火が通ることでさらに甘さが増しているように思います。かき揚げの塩味とのバランスがとてもいいです。ミラクルスイートコーン。

はまぐりのワイン蒸しです。大ぶりのはまぐりに旨味がたっぷりつまっています。この白ワインのスープが絶品なんですよね。お願いすれば残ったスープでパスタやリゾットにしていただけます。これが絶品なんです。

陽が落ちて屋形船が川面に光っています。一度屋形船に乗ってみたいとは思っているものの…いつになるやら。

鱧の炭火焼と焼きなすの冷製パスタです。鱧が夏を感じさせますね。焼き目がついた鱧からの甘味と弾力のある食感が印象的です。さらに茗荷や大葉が爽やかなアクセントになっています。オイル系の夏にぴったりのパスタになりました。

生シラスとキャベツのカルボナーラです。鱧のオイル系パスタに対してクリームを頼んだのですが、こちらもさらりといただける食べやすいパスタでした。

ドルチェはもものキャラメリゼとバニラアイスです。火が入ったももに甘さが増します。

この日はめずらしく同行者がお肉などのメインを注文せずに終わった夜でした。メインはメインでビーフもポークもチキンもあるので、幅広く楽しめるお店だと思います。

浅草・駒形2丁目にライブ感あふれるオープンキッチンの本格ビストロバル トロワキュイ誕生!スカイツリー、隅田川花火大会を臨む隅田川沿いビル3F。炭火焼、自家製ソーセージなどワインに合うお肉からパリのマルシェのような野菜まで。1F2Fは江戸の小粋な大人が楽しめる食堂&居酒屋のボン花火。

寒くなったので、またシーズンメニューが変わりますね。近いうちに伺いたいと思います。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:ビストロバル トロワキュイ

住所:東京都台東区駒形2-1-7 MKビル3F

営業時間:11:30~14:30(l.o.) /  18:00~22:30(l.o.)

定休日:日曜日


スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告