【蔵前】季節の素材をふんだんに生かした美味しいお料理 ビストロバルトロワキュイ

現在、大江戸線蔵前駅から北上する都営浅草線浅草の駅隅田川沿いはちょっとした美食ストリートになっています。この2年くらいの間で下記のお店がオープンしました。

入り口にはハンバーガーのマクレーン、コーヒーショップのLEAVES COFFEE APARTMENT、肉バルの駒形バル、鉄板焼きのボン花火、ミシュラン2016ひとつ星のナベノーイズム、日本料理の花坊。そのボン花火が入るビルの3Fが『ビストロバルトロワキュイ』さんです。

インスタグラムにせいこ蟹が入荷した情報があがり、それを見た同行者が「行きたい行きたい食べたい」となったのでした。

きょうは泡で乾杯です。

真ダラ白子のムニエル ゆずポン酢バターソースです。なめらかでクリーミーな白子が…白子が…とろける。ゆずポン酢とバターなんて考えもしなかった。和洋折衷ですが、ワインがすすみます。

オマール海老と旬野菜の温野菜サラダ トリュフビネブレットです。夏は夏野菜でこちらのオマール海老のサラダがありました。冬は根菜ですね。甲殻類好きなので、通年オマール海老を美味しくいただけるというのはうれしい限りです。こうしてみると、旬の食材をふんだんに取り入れているなという印象です。

フランス・ラングドッグ地方のピクプールという品種を使った白ワインです。ピクプール、初めて聞きましたがミネラル感を強く感じるワインでした。

パスタを迷っているとインスタグラムに載っていた蟹でできますよ、ということでお願いしました。クリームパスタですが、蟹みそが入っているのでとても濃厚です。あっという間にお皿が空になりました。

 

残ったパスタソースがあまりに美味しく、ついパンをお願いしました。

子羊のグリル グリーンマスタードソースです。すでにおなかいっぱいでしたが子羊はさっぱりとしているのぺろっといただいてしまいました。炭火で焼かれた子羊はくせもなく、羊初心者でもとても食べやすくなっています。

おなかいっぱいといいつつ、スイーツは別腹の同行者が注文のりんごのコンポートのキャラメリゼとピスタチオのアイスです。

3Fからの隅田川の眺めです。シェフとカウンター席が映り込んでてなんだかよくわからんことになっていますが…。この日は女性客がグループで来店されており、いくつかのテーブルで女子会が行われていました。

いやー、今日も美味しかった。浅沼シェフおひとりで調理させているのでお忙しいご様子でしたが、提供スピードもはやくとても気持ちよくお食事をいただくことができます。ひと段落したところで少しシェフとお話ができたのがうれしかったです。

ごちそうさまでした。また伺います。

浅草・駒形2丁目にライブ感あふれるオープンキッチンの本格ビストロバル トロワキュイ誕生!スカイツリー、隅田川花火大会を臨む隅田川沿いビル3F。炭火焼、自家製ソーセージなどワインに合うお肉からパリのマルシェのような野菜まで。1F2Fは江戸の小粋な大人が楽しめる食堂&居酒屋のボン花火。

↓過去記事はこちらからどうぞ

季節は冬に移行中ですが、夏にお店に伺ったときの話です。こうやって写真を見てみると、夏らしい食材がふんだんに使われているのだなと感じます。季節...

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:ビストロバル トロワキュイ

住所:東京都台東区駒形2-1-7 MKビル3F

営業時間:11:30~14:30(l.o.) /  18:00~22:30(l.o.)

定休日:日曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告