【浅草】雷門近くの寿司店で幸せなランチ握り 鳥越寿司

2018年1月も3分の1ほどが過ぎました。昨日年明けたばかりだったような気がするのに早いなー。おそらくこのまま2018年も気づいたらもう終わり、となるんでしょう。今年も食べるぞ。

さて、新年になったので浅草七福神めぐりというものをしています。浅草の9つの寺社を廻ってご朱印をいただくのですが、1日で9つ廻るのも大変なので2回に分けて廻ることにしました。七福神めぐりはまた後日記事にするということで、ちょうどランチタイムに浅草にいたのでお寿司をいただくことにしました。浅草(浅草と浅草橋の間に鳥越という地名があります)だけど『鳥越寿司』さんといいます。

店内はカウンターと小上がり席が2卓。つけ場に大将と女将さんが接客、大女将はなじみのお客さんと楽しそうにお話されています。

ビールはアサヒです。きりっと冷えたビールが歩き疲れた体にしみる。

この日いただいたものはランチの上寿司(1600円)。詳細な内容がわからないので、ちょっとドキドキします。

しばらくすると運ばれてきたサラダと先付けです。

サラダはポン酢でさっぱりといただきます。

先付けのきのこと貝ひも、白菜のさっと煮です。お出汁が美味しく、最後まで飲み切ってしまいました。

それではにぎり参ります。まずはタイ。シャリは小さめで、口にほうりこむとほろっと崩れるシャリです。

次にイカです。出されるネタの説明が一切ないので、なにイカかは不明ですが、ねっとりと柔らかく柚子がふわっと香ります。

赤身です。

たまごです。甘味は控えめで、好みのたまごです。

海老は軽く炙ってあります。軽く炙ってあり、お寿司でいただくのは初めてです。蒸し海老が好きですが、身がねっとり柔らかく美味しい。こういういただき方もいいですね。

ホタテです。

ここでお椀が登場です。あつあつのしじみのおみそ汁はほっとしますね。

まだまだにぎりが続きます。いくらの軍艦です。海苔は値段なりかなという気がしますが、まあそりゃそうだ。いくらがいただけるだけで幸せですよ。

さばです。このサバがすごく脂がのっていて、とっても美味しかったです。サバの旬て冬なんですね。知らなかった。

シャコです。ランチのにぎりでシャコが出るなんて、なんか感激です。ツメの色と艶がいいですね。

真打登場とばかりに大トロと中トロです。大トロも脂がのっています。

最後に巻物の鉄火巻きです(写真は2名分)。

にぎりは計10貫と巻物、サラダ、先付け、お椀で1600円。満足度が高いです。この日は開店時間にカウンターはあっという間に満席になり、小上がりの卓は予約で満席でした。

また浅草にいいお店見つけちゃったなーという感じです。今度は夜に伺いたいと思います。

美味しかったです。ごちそうさまでした。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:鳥越寿司

住所:東京都台東区雷門1-16-12

営業時間:[月・水~金]12:00~15:00 / 17:00~22:00

[土日祝]12:00~15:00 / 17:00~21:30

定休日:火曜日

鳥越ずし寿司 / 田原町駅浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)

昼総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告