【御徒町】東上野の美味しくボリュームたっぷりのビストロ L’ambiance douce

同行者がインスタで流れてきた画像を見て「行こう行こう」と盛り上がって予約しました。東上野にありますビストロ『L’ambiance douce 』さんといいます。2017年11月1日にオープンされたそうです。よくお店の前を通りかかっていたのにさっぱり気が付きませんでした…。しかしコリアンタウンとパチンコ関係の会社がひしめくカオスな東上野に、よくこんな素敵なビストロをオープンしてくださったものです。うれしいです。

さて、ビストロなのでスパークリングからいたただきます。

店内は赤を基調とした内装です。テーブルの間隔はゆったり取られています。

アミューズのオリーブです。

まずはリヨン風サラダ。ハーフサイズですが、すごいボリュームです。ポーチドエッグ、大きな甘いカットトマト、ベーコン、砂肝、ポテトなどが入った正統派なリヨン風サラダです。

ポーチドエッグを割ってまぜていただくのがいいのでしょうが…半熟卵がニガテなワタシ、写真撮影にとどめておきます。いやー、なかなかワイルドな美味しいサラダでした。これで700円とは驚きです。

こちらは自家製パン。量がたっぷりで、お代わりもOKとのこと。

ワインはブルゴーニュのシャルドネです。果実味が豊かでミネラル感のある美味しいワインです。

牛トリップのトマト煮です。トマト煮の上にパルミジャーノをのせてグリルしてあります。

アツアツのトリッパです。トマトの酸味が爽やかでふわっと柔らかなトリッパ。ワインがすすみますね~。

本日のメニューからあん肝のムニエル 焦がしバターソースです。ソテーされたあん肝がカリッとしていて美味しい。

ガーリックやカリッと焼かれたベーコン、ケイパーなどもソースとして旨味の相乗効果的役割を果たしています。美味しいあまりつい、このバターソースをパンにつけていただきたくなりますが、「ダメ、それ絶対ダメ」ですよ。禁断のバターがふんだんなソースの上にあん肝ですからね。ふ~、危なかった。

この日のメインは牛サガリのステーキです。本来はエシャロットソースなのですが、肉好きの同行者がわがままで「バターで塩コショウでソテーしたものをお願いできないか」と、お願いしてみました。

結果、わがままを聞いていただき、ステーキフリットとなりました。ポテトもステーキもほのかにガーリックの香りがする、同行者大満足の逸品でした。サガリとは横隔膜の一部で肉質が柔らかいのが特徴です。塩加減もよく、赤ワインがすすみます。

食べることが好きな同行者が最近あまり元気がなかったのですが、こちらのお料理はとても口にあったようで美味しくいただくことができました。ありがとうございます。ついでに私もうれしくなって久しぶりにマ―ルドシャンパーニュなどいただいてみました。てへへ、うまし。しかしアルコール度数が高いので注意ですね。

どの品もボリュームがあり、お腹いっぱいになりました。お料理はおいしくサービスの方はとても感じが良く、とてもいい時間を過ごすことができました。東上野エリアにはあまりこのタイプのお店がないので、新鮮です。次は自家製シャルキュトリーをいただいてみたいと思います。

美味しかったです。ごちそうさまでした。

↓こちらからメニューを確認することができます。

L’ambiance douce(上野/御徒町 フレンチ)の料理メニューです。

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:L’ambiance douce

住所:東京都台東区東上野2-12-2 岩本ビル1F

営業時間:[月~土・祝・祝前]11:30~14:00 / 18:00~23:30 (L.O.22:30)

定休日:日曜日

L’ambiance douceビストロ / 仲御徒町駅御徒町駅上野御徒町駅

夜総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告