【浅草橋】何度も味変しながら最後まで美味しいパスタ 東京MEAT酒場 浅草橋総本店

昼はオフィス街、夜になると個性的なお店がひしめくビーズパーツと人形と立飲みの街・浅草橋です。日曜日ともなるとお休みのお店も多いのでやや静かな印象になります。こちらはそんな浅草橋のJR高架下にあります『東京MEAT酒場』さんです。個性的なパスタがいただけるということで以前よりチェックしておりました。

まずはビールから。泡ありと泡なしが選べます。泡なしとかアリ?と思いますがめずらしいですね。

「塩煮込みが美味しいらしい」と事前に調査してきた(ソースはおそらく食べログ)同行者が言うので、注文です。塩煮込みのつゆにバターが入ってるんですね。バターのコクで一気に洋に振ってきます。バゲットをつけていただくと、合う―。美味しいです。

日本一おいしいミートソースの到着です。普通でゆであがり225gです。器の底にミートソース、その上にチーズと和えられたパスタが盛られています。座った席の目の前でパスタを茹で上げ、鍋の中でひたすらパスタとチーズを混ぜる仕事をしている店員さんの手元を見ながら、「腱鞘炎にならないんだろうか…」と思っておりました。

カウンター席の壁面には「日本一おいしいミートソースのおいしい食べ方」指南が貼られています。こういうものを見てしまうと実践せずにいられない、枠からはみでることのできないA型です。

写真がブレてしまいましたが第1段階としてパスタだけでいただきます。セモリナ粉の香りがする、もちっとした確かに美味しいパスタです。すでにチーズと和えられていることでさらに旨味が上乗せされています。

第2段階として、あまりまぜすぎないようにと注意書きがあります。その通りにそこのミートソースと和えてみます。ひき肉がごろっと入ったミートソースはコクがあり確かに美味しい。

だがしかし、このミートソースだけでも飽きるので第3段階として自家製ハラペーニョを足していただきます。このハラペーニョの酸味と辛味でミートソースをさらに上の段階に引き上げます。むむ、このハラペーニョすごい役割を担ってます。個人的には足すたびに量が増えてしまうというおまけつきです。

第4段階としてパスタを少し残し、トマトスープを足していただきました。これでスープバスタになります。このスープだけでも十分に美味しく、満足感高いスープパスタです。

こちらは同行者のパスタ半玉とひきわり納豆です。ソースは追加せず、納豆とパスタで潔くいただいていましたが美味しかったそうです。

いやー、美味しかった。1階はカウンター10席で、座ったすぐ後ろはガラスのひき戸になるので、お会計はいったん外に出てレジでお会計です。なかなか人気のお店でお客さんはひっきりなしに入れ替わりやってきていました。次は夜呑みで来てみたいです。

なんにしても味変に次ぐ味変で満足度の高いパスタです。

美味しかったです。ごちそうさまでした。

↓こちらからメニューを確認することができます。

日本一おいしいミートソースでカンブリア宮殿、ぶらり途中下車、ヒルナンデス、ぴったんこカンカン、おしゃれイズムに出演した東京ミート酒場、TOSCANA 試行錯誤を繰り返した自家製生麺を使ったのっけ麺を中心に、オーガニック食材・産地直送素材を活かした無化調イタリアン!

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:東京MEAT酒場 浅草橋総本店

住所:東京都台東区浅草橋1-19-2

営業時間:[月~木]11:30〜23:30(LO23:00)
[金・土]11:30~24:00(LO23:30)
[日・祝]11:30〜23:00(LO22:30)

定休日:無休

東京MEAT酒場 浅草橋総本店居酒屋 / 浅草橋駅馬喰町駅東日本橋駅

昼総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告