【蔵前】静岡から直送されるつまみも美味い 蕎麦酒房てらさわ

こちらは大江戸線蔵前駅から数分のお蕎麦屋さんです。数年前にお伺いしたときにはお蕎麦が甘くきれいに切られた端正なそれに対して、そばつゆの鯖節のニュアンスが強くお蕎麦とそばつゆのバランスがとれておらず、なんとなく足が遠のいておりました。久しぶりに2017年の年越しそばでお伺いし、そばつゆは鰹が強くなり味わいが格段に変わっていることに感激し、夜に伺うことにしました。蔵前『蕎麦酒房 てらさわ』さんといいます。

まずはビールから。

お通しの冷ややっこです。シンプルながらにうまい。

合鴨のねぎ焼です。甘い脂が美味しい合鴨はわさび醤油でさっぱりといただきます。

カウンターの奥にいらっしゃるお母さんがほんとにステキ。まさに看板娘です。小柄でかわいらしくて話上手でお酒もお料理もすすめ上手。ついついお酒がすすむというものです。

こちらの一品料理は静岡名産のものが並ぶのが特徴です。なんでも店主が静岡で過ごされた期間があり、現地の方から直送されてくるのだそう。

珍味・いかのくちです。コリコリとした食感で噛めばかむほど旨味が増してきます。

黒はんぺんです。青魚で作られた黒はんぺんは炙ってしょうが醤油でいただきました。ぎっしりと凝縮された感があり弾力のある黒はんぺんは、魚の旨味がありお酒のアテには最高です。静岡おでんには欠かせない逸品ですもんね。おでんに入れて一度いただいてみたいです。

こちらは同行者の桜エビのかき揚げせいろです。年越しそばでいだいてすっかり気に入ったみたいです。さっくりと揚げられた桜エビのかき揚げは少しずつ崩して天つゆでいただきます。

私がいただいた揚げなすおろしそばです。ぶっかけですね。これが美味しかった。北海道江丹別産のそば粉でうたれたおそばは甘くて美味しい。数年前は鯖が強かったそばつゆも鰹がたっていて、とてもバランスが良くなりました。

近隣で働く方々がよく宴会されている様子を見かけます。このあたりは一品料理はおかない町場の蕎麦店も数あったりしますが、てらさわさんは程よい感じで蕎麦前とお蕎麦をいただくことができます。日本酒もありますよ。

メニュー載せておきます。

美味しかったです。ごちそうさまでした。また伺います。

著者:株式会社鈴木商会 東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。

株式会社鈴木商会は各種OA機器販売、東芝複合機、京セラ複合機の販売とリース|東京を中心に一都六県並びに静岡県、愛知県で複合機とOA機器の格安販売とリースを中心としたオフィスの総合商社。鉛筆1本からネットワークソリューションシステムまで対応可能。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:蕎麦酒房てらさわ

住所:東京都台東区寿1-2-10

営業時間:11:30~13:00 / 17:30~20:30

定休日:日曜日・祝日

蕎麦酒房 てらさわそば(蕎麦) / 蔵前駅田原町駅新御徒町駅

夜総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告