【入谷】93年の伝統が作り出すハレの日の洋食 レストラン香味屋

台東区は23区の中で一番面積が狭いのですが、それでも遠いと感じてしまうのが根岸というエリアです。駅でいうと鶯谷が近いのですが、田原町駅近くから入谷方面へ出ているバスで向かいました。目的はそう、『レストラン香味屋』さんに伺うためです。ランチタイムの予約は受け付けていないので、夜に予約をとり向かいました。

グラスシャンパーニュもありましたが洋食なのでなんとなくビールです。

まずは前菜的にカニサラダをいただきました。カニの身がたっぷりで野菜もシャキシャキ、鮮度の良さを感じます。フレッシュなカニの香りがたまりません。

オードブル取り合わせです。柔らかなパテが美味しかった。

白ワインはコート・デュ・ローヌ ファミーユ・ペランです。香りにはグレープフルーツやライムなどの柑橘類が感じられ、ミネラル感のある美味しいワインです。

メインにメンチカツをお願いしました。2つがスタンダードみたいですが、1つでも大丈夫とのことなので、1つでお願いしました。きれいな楕円に成形されたメンチカツは細かいパン粉できれいに揚げられています。

割ってみると衣は薄く均一で、ナイフを入れると肉汁がじゅわっと溢れるメンチカツ、とても美味しいです。

こちらは同行者のエビフライとカニクリームコロッケをワンプレートにしていただきました。贅沢な一品(ふた品?)。ハレの日の洋食のメイン食材です。自家製タルタルソースがまた美味しい。

デザートにカスタード プディングです。上品な甘さで適度な硬さのあるクラシックなプリン。美味しいです。

食後にはコーヒーをいただきました。

浅草界隈には洋食屋が沢山あります。THE下町の洋食店といった色合いが濃いのが特徴ですが、こちらのレストラン香味屋さんは下町でありながらとても品のある素敵なお店です。今回は2階でお食事させていただきましたが、天井が高くてとても気持ちよく過ごさせていただきました。

美味しかったです。またハレの日のお食事として利用させていただきます。

ごちそうさまでした。

↓こちらからメニューを見ることができます。

東京台東区の下町情緒が残る根岸にある伝統ある洋食屋。【香味屋(かみや )】「手を抜いていない、いいものを食べたい」声に応えた、本格的な洋食屋です。名物ビーフシチューをご賞味ください。
著者:株式会社鈴木商会 

東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。複合機の刷り放題プランあります。お問い合わせください。

株式会社鈴木商会は各種OA機器販売、東芝複合機、京セラ複合機の販売とリース|東京を中心に一都六県並びに静岡県、愛知県で複合機とOA機器の格安販売とリースを中心としたオフィスの総合商社。鉛筆1本からネットワークソリューションシステムまで対応可能。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:レストラン香味屋

住所:東京都台東区根岸3-18-18

営業時間:AM11:30〜PM22:00

定休日:水曜日(祝日の場合は翌日、木曜日)

レストラン香味屋洋食 / 入谷駅鶯谷駅三ノ輪駅

夜総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告