【浅草橋】誠実な仕事ぶりが光る90年続く老舗の江戸前の味 梅寿司

浅草橋にあります昭和初期に創業という『梅寿司』さんです。昭和初期というと90年は経っているでしょうか。老舗を感じさせる、風格のある構えになっています。ガラガラとひき戸を引いて中に入ります。あらかじめ電話でカウンター席に座れるかを確認しての訪問となりました。お店に入ると大将が大きなおろし金でわさびをすりおろされていました。

まずはビールをいただきます。

お通しは牡蠣を出汁につけたものが2粒。牡蠣は柔らかくふっくらと炊かれています。

少しつまもうといくつか切っていただきました。まずはのれそれです。滑らかな舌触りと噛んだ時のプリッとした歯触りが何とも言えない心地よい食感です。ポン酢でいただきます。ちょうど今の寒い時期から春先が旬ですね。

しめ鯖です。軽く酢じめされた鯖は今が旬ということもあり脂が乗っています。

タコのやわらか煮です。塩をつけていただきました。タコの風味が口の中に広がって美味しい。塩を少々つけていただきましたが、タコの甘さが引き立ちます。

おつまみが美味しいのでつい熱燗をお願いしました。時々見かける菊正宗の徳利、かわいいので1度買おうかと検索したことあったっけな。

クルミと昆布の佃煮です。くるみ香ばしさと甘辛に炊かれた昆布の旨味がすごい。日本酒がすすみます。

炙りホタテの磯部巻きです。レアに炙られたホタテと醤油の香ばしさがたまらないです。

ひととおりおつまみをいただいたところで、そろそろ握りに移ります。特上1人前です。まずは中トロです。脂がのっており、口の中でとろけます。シャリは赤酢を使っています。

スミイカとソイです。スミイカは身が厚くて甘く、シャリといいバランスです。

赤貝です。赤貝は色が赤いほど高価なんだそう。旨味と甘みがあり、貝の風味を強く感じます。

いくらとウニです。静かにテンションがあがります。

絶品の煮穴子です。おそらく継ぎ足し継ぎ足し使われているであろう、ツメの輝きがすごい。ほろりと崩れるほど柔らかな穴子にしっかりと味がしみていて、さらに焼かれているという手のかけよう。赤酢のシャリとのバランスが最高です。

ここでおみそ汁が運ばれてきました。そろそろ終わりですかね。

ネギトロと干瓢巻き2種類なんて贅沢。干瓢巻きはわさびがしのばせてあり、大好きなやつです。大人になってカウンター寿司デビューしてから干瓢巻きの美味しさを知りました。干瓢も甘すぎない味がついているので、完全に好みです。

甘味のいちごです。春を感じさせますね。

カウンターのお寿司で会計明瞭なところもいい。つけ場に立っていらした3代目の大将はとても感じが良く丁寧な接客です。お座敷席もありますが、カウンター寿司デビューなんかにはもってこいな店ではないかと思いました。

なんにしても同じ地で90年も続くといいうことは、代々地元に愛され、誠実に仕事をされているという証なのだと思います。すごいことです。

昔は花柳界だったという柳橋は独特の雰囲気があり、素敵なエリアです。オフィスが多いので昼間は人が多いけど、夜は静まり返っています。まさに大人のための大人の街といった風情があります。

今夜もとても美味しかったです。ごちそうさまでした。また伺います。

著者:株式会社鈴木商会 

東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。複合機の刷り放題プランあります。お問い合わせください。

株式会社鈴木商会は各種OA機器販売、東芝複合機、京セラ複合機の販売とリース|東京を中心に一都六県並びに静岡県、愛知県で複合機とOA機器の格安販売とリースを中心としたオフィスの総合商社。鉛筆1本からネットワークソリューションシステムまで対応可能。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:梅寿司

住所:東京都台東区柳橋2-4-1

営業時間:

定休日:水曜日

梅寿司寿司 / 浅草橋駅両国駅蔵前駅

夜総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告