【浅草】創業50年の老舗の実力、東京一の釜めし 釜めしむつみ

東京を代表する釜飯のお店です。つまみも美味しいし雰囲気も下町らしく、接客もいいので知人が浅草で呑みたいとなると案内しておりそして喜ばれているお店です。『釜めしむつみ』さんといいます。2階席もあるのですがいつも満席なので必ず予約を入れてから伺うことにしています。ひき戸を引いて中に入ると1階のお座敷に通されました。

いつものビールから始めましょう。

お通しの松前漬けです。渋い。

本日のおすすめに生牡蠣があったのでお願いしました。

自分で薬味をのせてポン酢をかけるタイプです。牡蠣の濃厚な旨味が広がります。

白子の天ぷらです。抹茶塩をかけていただくのですが、白子のとろっとしたクリーミーさと抹茶塩が合いますね。白子もそろそろ終わり、ラストスパートです。

熱燗をお願いました。厨房のカウンターには菊正宗の一升瓶がさかさまに刺さった酒燗器がありました。

こちらに伺ったら必ず注文しようと声を大にして言いたいえびしんじょうです。真丈はお吸い物にしたり餡掛けにしたりという調理方法がありますが、こちらでは揚げてあります。

割っていただいくと口の中でエビの香が広がります。中はふわふわで外はカリッとしています。

焼鳥です。タレが甘すぎず、ちょうどいい塩梅です。

いよいよ真打登場の釜めしです。1.5人前もできますが、今回は2人で1人前にしました。釜めしの種類はたくさんありますが、いつも五目を注文してしまいます。なんとなく色々旨味が溶け込んでいる気がして。

十分蒸らされた状態で供されますが、さらに蒸らせるならその方がおすすめとのこと。では蓋を取りましょう。いくぞ~。

どうだ!えび、あさり、たけのこなどが入っています。出汁のいい香りがする。

最後はおこげです。釜の内側のおこげをきれいに取り去るにはコツがあって、しゃもじのごはんをよそう方を釜に当てるんですって。つまりくるっとひっくり返してしゃもじを使うときれいにおこげを取り去ることができます。

別注文のおみそ汁。

釜めしについてくる香の物はきゅうりの糠漬けとべったら漬けときゅうりの古漬けです。きちんとしたお店は漬物が美味しいという定説。

使い込まれた厨房では職人さんが忙しそうに動き回っています。問い合わせの電話もじゃんじゃんかかってきていました。

むつみさんの創業は1968年、この建物はその前は置屋(おきや)として使用されていたそうです。置屋は、芸者や遊女を抱えている家のことで、料亭・待合・茶屋などの客の求めに応じて芸者や遊女を差し向ける商いのことをいいます。このあたり花柳界ですからね、歴史を感じます。

番頭さんが番台に座られてフロアに目を配られて采配をとられているご様子はさすがにプロだなと思わされます。これが気持ちよく時間を過ごせる理由ですね。

メニューなど載せてみます。

帰り道は浅草寺を抜けていきましょう。五重の塔、かっこいいな。

昼はにぎわっている浅草神社も静かです。

↓平日ランチはお得です。

浅草観音裏の釜めしむつみの平日ランチの紹介記事です。

今夜も美味しかったです。ごちそうさまでした。また伺います。予約必至です。

著者:株式会社鈴木商会 

東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。複合機の刷り放題プランあります。お問い合わせください。

株式会社鈴木商会は各種OA機器販売、東芝複合機、京セラ複合機の販売とリース|東京を中心に一都六県並びに静岡県、愛知県で複合機とOA機器の格安販売とリースを中心としたオフィスの総合商社。鉛筆1本からネットワークソリューションシステムまで対応可能。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:釜めしむつみ

住所:東京都台東区浅草3-32-4

営業時間:11:30~21:30(L.O)

定休日:水曜日・隔週で火曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告