【蔵前】変わりゆく蔵前をずっと見てきた ビストロカンパーニュ

こちら『ビストロカンパーニュ』さんのオープンは1993年。もう25年になります。おもちゃ問屋が多かった蔵前がものづくりの街になり、古い倉庫をリノベーションしておしゃれなカフェやレストランが増え、変わりゆく街をずっと見てこられました。オーナーは「台東モノマチです!」というフリーペーパーにも登場されています。まさに蔵前のレジェンド。

さて、今日もおつかれさまでした、のビール。

アミューズとしてグジェールです。中にはチーズが入っています。

本日のキッシュ。燻製ベーコンとたっぷりチーズのキッシュです。たまごと生クリームという基本の素材にさらにたっぷりのチーズ…美味しくないわけがありません。

おすすめがついたお肉屋さんからの盛合せです。やさしい味わいのリエットはパンがすすみますね~。

ロワールのワインです。エチケットがかわいらしい。作り手さんわかりませんが、果実味豊かな美味しい白ワインです。

本日のおすすめよりハマグリとムール貝の冬野菜のエチュベです。エチュベとは野菜などを素材のもっている水分で蒸すことだそう。シンプルながら、貝から出汁がでていて美味しい。白ワインにとっても合います。

牛肉のパヴェットステーキです。本来はソースがかかったものが提供されますが、ステーキフリットとしていただきたいという同行者の希望でソースは別添えで出していただきました。大きな牛肉のかたまりが2つ、火の入り具合もよくやわらかなお肉です。塩コショウのシンプルな味付けが一番お肉の旨味を感じますね。

甘いものは別腹の同行者のプリンです。固めで美味しかったそう。

メニューです。

いやーおいしかった。週末のランチタイムなどは満席になっています。最近の蔵前は遊びに来られた若い方を見かけることが本当に多くなりました。でもそれはここ最近の話で、カンパーニュさんがオープンされた25年前は街の景色も全然違ったはずです。そんな中で長く続けていけるのはやはりお店に実力がある証拠ですね。

また伺います。ごちそうさまでした。

シェフの生まれ育った地元蔵前にオープンし、住民に愛され続け22年。パリ下町風のお店ビストロカンパーニュ。流行に左右されずフランス人に慣れ親しんでいる郷土料理や家庭料理を中心に、作り手の顔が分かる有機野菜、農家の手作りチーズや生ハム、オリーブの数々。 ワインも自然派ワインにしぼり80種類、ビールもフランス地ビールや修道院...

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:ビストロカンパーニュ

住所:東京都台東区蔵前4-20-9 塩川ビル1F

営業時間:

[金土日祝] ランチ  12:00 ~ 15:00(L.O. 14:30)
[平日]   ディナー 17:30 ~ 23:00(L.O. 21:00)
[土日祝]  ディナー 17:00 ~ 23:00(L.O.21:00)

定休日:月曜日、第1・第3火曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告