【浅草】麺の手打ち音も美味しさの一部 馬賊

こちらは浅草雷門にほど近い手延べ麺で有名な『馬賊』さんといいます。

日暮里にもお店がありますが、昨年「マツコの知らない世界」で冷やし中華が紹介されたので夏の間は行列ができていました。お店からは麺を製麺台にドーンドーンと打ち付ける音が聞こえてきます。

馬賊のメニュー

まずはいつものビールから参りましょう。

お通しのナムルです。もやしのしゃきしゃき感がしっかり残っています。濃い目の味付けでビールがすすみます。

手打ち餃子500円

こちらに伺ったら頼みたいのが自家製の餃子です。

焦げ目が美しこちらの餃子は1つが大きく、手打ちと書かれた皮は柔らかくもっちりとしています。餡は細かく刻まれた野菜がたっぷりでお肉とのバランスも良くするすると入ってきます。

見た目に比べて軽い味わいです。いや~、美味しい。

実際ほとんどのお客さんが注文されていました。飛ぶように出ていく餃子。

鳥の唐揚げ850円

おつまみに注文した唐揚げです。骨付きなのがワイルド。カラリと揚がった唐揚げは味は濃い目で、お肉がジューシーです。レモンをしぼって爽やかにいただきました。

同行者は骨付きがうれしかったようで「普通の唐揚げがくると思った」と興奮気味に語りました。確かに男子受けするビジュアルですかね。

五目焼きそば1100円

五目焼そばです。ボリュームあります。シェアしていただきました。きくらげや大きくカットされたイカ、豚肉などがたっぷりの野菜とともにいためられています。旨味がたっぷりでややオイルが多いかな。美味しい焼そばです。

手延べなので麺の太さはまちまち。麺はもちもちしています。

焼そばについてくるスープです。日式中華のあるある~な美味しい中華スープ。

鶏ガラスープの昔懐かしいスープは平凡だけど変わらない幸せの味がします。

馬賊の麺打ちの様子

道路に面して製麺台があるので、外からも手延べの様子をうかがうことができます。音がすごいので慣れないうちはいちいちビクついていました。

いや、しかしこの手延べの技術はすごいですね。見ているとみるみる間に製麺されていきます。この音をぜひ体験していただきたい。

そしてこの音あってこその馬賊。

店内にはたくさんの芸能人の色紙と共に「手打拉麺の由来」が書かれています。

平日夜は地元のお客さんが多いのでわりとさらりと入れるのですが、週末は観光客の方や大きなキャリーケースを持った外国の方が多く、並んでいたり入れないこともしばしばです。

ごちそうさまでした。また伺います。餃子最高。

馬賊の店舗情報

店名:馬賊 浅草店

住所:東京都台東区雷門2-7-6豊田ビル1F

営業時間:11:15~20:30

定休日:無休

座席数:20席

馬賊へのアクセス

↓浅草で中華食べたらお茶しにカフェでもいかがですか?

浅草六区にあります「まるごとにっぽん」という商業施設はご存知ですか? “てまひまかけた本物の逸品”“全国の隠れた名産品...
著者:株式会社鈴木商会 

東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。複合機の刷り放題プランあります。お問い合わせください。

株式会社鈴木商会は各種OA機器販売、東芝複合機、京セラ複合機の販売とリース|東京を中心に一都六県並びに静岡県、愛知県で複合機とOA機器の格安販売とリースを中心としたオフィスの総合商社。鉛筆1本からネットワークソリューションシステムまで対応可能。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告