【浅草】孤高の存在 自家製麺伊藤浅草店

 ※今回は特別ゲストとしてたまに登場します、UFO・宇宙人・超常現象の研究をライフワークにしている人が書いています。

イントロダクション
March,2018

かつて経験したことがないほど辛く惨めで厳しい3月となった。
どれほど酷かったのかを例えるならば、テルモピレーのギリシャ軍であり、カンナエの戦いのローマ軍であり、アウステルリッツのロシア・オーストリア軍であり、ダンケルクのイギリス軍の如きであった。
偉大な先人たちのように死に至ることこそなかったが、
ビジネスの世界は厳しいのだという事を身体も脳にも深く刻みつけられ、そして現実を突き付けられた。
だが、しかし、どんなことをしても立ち上がらなければならないのだ。

それでも腹は減る。
人間とは不思議な生き物だ。

どこかでうまいものを食べたい。
そう思った。
私の足は真っすぐ自家製麺伊藤へと向かった・・・・

ストーリー
「肉そば」

自家製麺伊藤を伊藤たらしめているものは、これでもかと言わんばかりの煮干し醤油スープと独特の歯応えを色濃く感じさせるパキバキの固い麺である。

どんぶりを手にした者は、煮干しを粉砕した時に出来る微細な銀色の粉末がスープの隅や奥底に確認できるだろう。
聞く限りでは(実際にインタビューしたわけではない)国産の高級煮干しを大量に使用するし長時間煮込むという。
この煮干しのうまみ成分がたっぷりすぎるほどたっぷり入った出汁に醤油のかえしが出会ったとき、驚くべき融合が起こる。
この伊藤でしか味わうことのできない恐ろしく手間とコストのかかったスープを初めて口にしたとき、私は思わず仰天しそうなほどの衝撃を受けた。

極めて硬質な、ソリッドと表現したくなる煮干しスープ。
伊藤でしか味わうことが出来ない唯一無二の極上の煮干し醤油のスープだ。

そしてこれもまた伊藤オリジナルの自家製麺の麺。
パキパキとした固い麺。
人によってはもっと茹でてくれと思うかもしれない。
強力粉を使った低加水の麺は意外に伸びにくく、ほぼ最後までその独特の食感を維持する。

伊藤の驚くべきところはメニューが事実上2種類しかないところも上げるべきポイントだろう。
「中華そば」「肉そば」

今日、巷のラーメン屋が競い合う「限定メニュー」など伊藤には存在しないのだ。

それはブレることなく、ただひたすらに物事を突き詰めようとする姿勢と被る。
それがどれほど大変な事なのか。
ビジネスを実際にやっているものにはよく分かるはずだ。

「孤高の存在」そして何も足さない、何もひかない。
「肉そば」はそんな形容詞がぴったりと来る伊藤でしか味わうことのできない逸品だ。

ラーメン好きのあなたにぜひ足を運んでもらいたい。

著者:株式会社鈴木商会 

東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。複合機の刷り放題プランあります。お問い合わせください。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


▼店舗情報▼

店名:自家製麺 伊藤 浅草店

住所:東京都台東区駒形2-6-9

営業時間:11:00~16:00 / 17:00~20:00

定休日:不定休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告