【池之端~谷中】2018年春・街歩き 前編(イベント情報あり)

2018年春・池之端~谷中~上野桜木(の、ごく一部)

長く住んでいた谷根千エリアから離れてもう7年。現在は台東区でも浅草・蔵前・浅草橋を根城にしています。

近いけど遠くなってしまった谷根千に遊びに行った回数は、この7年で片手で足りるほどです。それでも行くたびに観光客が増え、特に人が集まる場所は少しずつお店が入れ替わり、街の表情が変わってきているなと思います。一方で池之端や上野桜木、谷中は東京藝大や寛永寺をはじめとして寺町でもあるので、変わらない側面もあります。

ちょっとマニアックな上に完全な自己満足でもありますが、2018年春・池之端~谷中~上野桜木の一部を紹介したいと思います。

不忍池・弁天堂

まずは上野公園、不忍池からスタート。意外にスワンボートが出動していました。

カメもひなたぼっこです。

不忍池の真ん中に建立されている弁天堂はすっかり外国人観光客の観光スポットになっています。その向こうには高層ビルを建設中。また不忍池の弁天さまは「谷中七福神」のひとつでもあります。

立派な建物です。さて、先を急ぎましょう。

ASAGAO

不忍池を抜けると住所は池之端になります。朝7時からフレンチのコースがいただけるというお店「ASAGAO」を発見。お店は不忍通りから小道を入ったところにあります。噂には聞いていましたが、ここにありましたか。普段はスマホで地図を表示しながらお店に向かうので、こういった偶然で発見するとじわる。

ディブレ ダイニングASAGAOは、フレンチディナーを少し贅沢なブレックファーストとしてご提供する、上野公園から程近く根津に位置する朝食フレンチレストランです。

ナチュラルカレーレストラン

そのちょっと先には「ナチュラルカレーレストラン」。玄米とヘルシーカレーだそうですよ。個人的に最近カレー流行り(南インド料理ですが)なので、心の中でBMしておきました。一周してこういうカレーにも手が伸びるかもしれないし。

水月ホテル鷗外荘

さて、不忍通から入ったところ、上野動物園沿いに伸びる道・動物園通りには森鷗外旧居跡が現存されている水月ホテル鷗外荘があります。ホテルの中には敷地内に明治の文豪・森鷗外の旧居を保存してあるとのこと。HPから保存されている鷗外の旧居を拝見することができます。

水月ホテル鷗外荘は、敷地内に明治の文豪・森鷗外の旧居を保存しております。名作「舞姫…

立派なフェンス

池之端のあたりは閑静な住宅地という感じで、立派なお屋敷が並んでいます。その立派なお屋敷の立派なフェンス。すごい。

ひるねこbooks

さてさて、このあたりに入ってくると住所は谷中です。キッテ通りと名がついている模様。個性的なお店が通り沿いに点在しています。

そう、池之端から谷中あたりは本屋が多いのも特徴的です。どこもこじんまりしているけど、店主のセンスで選んだ本が並んでいて、本好きなひとなら本屋めぐりが本当に楽しいと思う。

写真はひるねこbooksです。

OshiOlive

名が知れたOshiOliveです。商品購入できるのかと思ったらこちらはどうも事務所らしい。店舗は「上野桜木あたり」に入ってます。

そして三浦坂の急こう配の坂を降りるとそこには…

ねんねこ家

猫グッズでおなじみのねんねこ家です。現在は「老猫(病)見守りカフェ」として営業し、2018年11月に閉業が決まっているとのこと。

もしお店に行こうと思われている方で、お店の事情をご存知ない方がいらしたら、必ずお店のHPをご一読されてくださいね。

長くなりました。とりあえず前半はここまで。

イベントのお知らせ

街を歩いていて魅力的なイベントを知りましたので告知です。

不忍ブックストリート

2018年4月29日(日)

一箱古本市として、オーナーさん厳選の古本が並びます。さらに点在する書店をめぐるという、本好きにはたまらないイベントです。

第3回水玉市

2018年4月28日(土)・29日(日)

2日間、キッテ通りに並ぶお店がワークショップなどのイベントを行います。

谷中キッテ通り - 「いいね!」348件 - "谷根千”の愛称で知られる、台東区谷中の「キッテ通り」。ここには個性的なお店が集まっています。

↓チラシがうまいことupできなかったので、お手間ですがチラシを見たい方はこちらのひるねこbooksさんのブログ記事より見ることができます。

東京・谷中の本屋ひるねこBOOKSです。 昨年の春と秋に開催した、谷中キッテ通りの「水玉市」。 好評につき、第3回を開催します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告