【御徒町】ハレの日はとんかつをVol.2 とんかつ武蔵野

※今回はUFO・宇宙人・超常現象の研究をライフワークにしている人が書いています。

イントロダクション

MAY 2018

いわゆる最後の晩餐があったとして、あなただったら何を食べたいと思うだろうか?

こんなシチュエーションを想像してみてほしい。

「地球最後の日」(注1)

ある時、NASAは木星の向こう側から太陽に向かってくる小さな天体を発見し、それに向けて観測衛星を搭載したロケットを発射することをごく自然に発表する。

ケープカナベラルから打ち上げられたロケットに特別な関心を払うものは少なく、いつものことだと人々は思った。

自分には何も関係がない・・・・・

しかし、同時に米空軍のICBMサイロからいくつもミサイルがこの天体に向けて同時に発射されたことを知る者は限られたごく少数のものだけだった。

数か月後、

ホワイトハウスは全世界に向けて緊急の記者会見を開いた。

X大統領は(時の大統領がトランプ氏でないことを神に祈りたい)、

「残念ながら24時間後に地球に直径30kmのごく小さな天体が衝突します。みなさん、その時に備えてください。神に祈りましょう。」

と短いステートメントを読み上げた。

遂にその時がやってきたのだ。

地球誕生以来、何度と繰り返された「大量絶滅」の時が、人類が支配するこの惑星に再び起きるのだ。

考えてみてほしい。

6550万年前、地球の支配者であった恐竜一族を一つの種として残らずに抹殺してしまった原因を。

現在のメキシコ・ユカタン半島に衝突したとされる隕石は全長が15Kmと推定されている。

「チクシュルブ・クレーター」を作った隕石の衝突は地球環境を激変させてしまい、生物の大量絶滅を引き起こしたと考えられている。

そして、それは現代に生きる我々に明日やってきたとしても何の不思議でもない。

そんな「人類絶滅・地球最後の日」に食べたいものは何だろうか?

私は間違いなく〝とんかつ”である。

言うまでもなく、スーパーの総菜コーナーで売っているとんかつではなくて、自分の好みにマッチした、素晴らしくうまいとんかつ定食であることが必須だ。

そんな訳で、私は今日もその日に備えて最後の晩餐に食するに値するとんかつを探し求めて食べ歩く。

ストーリー

とんかつ武蔵野

上野広小路に店を構えるとんかつ武蔵野は戦後すぐの1948年の創業という、業界の老舗である。

上野広小路の繁華街だが、通りを入った場所の2階に店を構える。

よく手入れされた店内はオーソドックスな昭和のとんかつ屋とは一線を画す、モダンなテーブル席が特徴的。

カウンター席は無いために、揚げ手のご主人の技術を見ることは出来ない。

とんかつ武蔵野のランチメニュー

メニューはランチ用のとんかつを中心に盛り合わせ、車エビのフライまで用意されている。

このランチ用とんかつ1,000円とは別にブランド豚として「肥後あそび豚」を推している。

  1. ロースかつ 1000円
  2. ヒレかつ 1000円
  3. 盛り合わせ 1000円
  4. えびフライ 1000円
  5. 小・肥後あそび豚ロース 1000円
  6. 肥後あそび豚ロース 1800円
  7. 車えび盛り合わせ(車えび×2、ヒレ×3) 1800円
  8. 車えびフライ(車えび×3) 1800円

肥後あそび豚ロース(ご飯・おみそ汁・お新香つき)

オーダーはもちろん「肥後あそび豚ロース」1,800円である。

女性店員さんにボリュームを聞くとだいたい200グラムぐらいとのことなので、できるだけ大きくしてくださいと伝えた。

12時を回ると近隣のサラリーマンだろう続々と入店してくる。

20分ほどだろうか、出てきた「肥後あそび豚ロース」定食は、中低温揚げの特徴である黄色っぽい衣をまとっている。

店員さんによれば、「特別に」210グラムにしてくれたそうである。

見た目のボリューム感は210グラム以上で悪くない。

センターカットされたとんかつなので、現在のご主人の修行先か先代のご主人の修行先がそのカット方の店だったのだろう。

個人的にはセンターカットでない方が望ましい。

食べやすくはあるだろうが、満足度は今一つである。

ライス、キャベツの千切りはお変わり自由。

付け合わせは、定番の赤だしにお新香(お新香は寂しい)

粘度のあるフルーティーなソースをソースをかけていただく。

なんとこれがうまい !

肉質は柔らかで、脂身はたっぷり。

肉のほのかな甘みを感じる素晴らしくジューシーな仕上がりである。

衣はかなり厚めといっていいだろう。

この辺りは評価が分かれるだろう。

油の切れは個人的には全く問題ないレベルであったが、この厚めの衣だと当然多くの油を吸っているのでくどく感じる人がいるかもしれない。

はがれる様子はないのでしっかりとした手間がかけられているようである。

全く期待していなかったこともあってか、予想外のうまいとんかつに出会ってびっくりしたことを白状しよう。

かなりお勧めなとんかつである。

惜しむらくは、「肥後あそび豚ロース」に関してはボリュームがこの200グラムしか提供していないという事だろう。

これだけうまみのある豚肉なら、やはりとんかつフリークとしては300グラム程度で食べたいと思うのだが。

ご飯はしっかりと炊かれていてうまいと感じる、よい具合である。

赤だしは悪くない。

「肥後あそび豚」ブランドの肉は初めてだったが、これはうまい。

もちろん、揚げ手のご主人の技量にも拠るのだが。

覚えておきたいブランド豚である。

御徒町駅北口からは5分程度、上野駅からもさほど苦にならない距離だ。

とんかつファンならぜひ訪ねてみてほしい。

(注1)

「地球最後の日」のタイトルは、アーサー・C・クラーク(英国のSF作家、2001年宇宙の旅の原作者として知られている。)の短編小説「太陽系最後の日」へのオマージュである。

とんかつ武蔵野の店舗情報

店名:とんかつ武蔵野

住所:東京都台東区上野2-8-1 2F

営業時間:12:00~15:00(L.O.)  17:00~20:30(L.O.)

定休日:平日の不定休

座席数:32席

禁煙・喫煙:全席禁煙

とんかつ武蔵野へのアクセス

こちらのとんかつ店もおすすめです。

※今回はUFO・宇宙人・超常現象の研究をライフワークにしている人が書いています。 イントロダクション March,2018 ...


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ


著者:株式会社鈴木商会 

東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。複合機の刷り放題プランあります。お問い合わせください。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou

とんかつ武蔵野とんかつ / 上野御徒町駅上野広小路駅御徒町駅

昼総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告