【イベント】モノマチ10 1日でも存分にモノマチを楽しむ方法

1日でも存分にモノマチを楽しむ方法

5月25日(金)~27日(日)の3日間開催されている第10回モノマチに参加してきました!

今年は全部で175店舗の参加ということで、今までで一番大きな規模のモノマチです。

事前にHPでワークショップや参加店舗の情報をチェックし、公式ガイドブックとマップを入手した後は、行きたいお店と廻るルートを決めました。

昨年のモノマチナインでは開催日の3日間かけてじっくり全域を廻ったので(←やりすぎ。どんだけモノマチ好きなんだ)、今回は控えめに1日で廻りたいと思います。

コンセプトは 1日でも存分にモノマチを楽しむ です。

まずは行きたいお店をピックアップする

今年のモノマチの参加店舗は175店。もちろん全部廻ることなんてできません。

日ごろからものづくりが好きで、この「モノマチエリア」に訪れることがある方ならこの界隈の土地勘があることと思います。

おそらくそうでない方も多いと思いますので、まずはモノマチHP(グルメ好きな方はレストランガイドサイトなど)で

  1. 参加店舗
  2. 体験が好きな方はワークショップ
  3. グルメ好きな方は飲食店やカフェ   

をチェックしましょう。

僭越ながら筆者はまず

  1. ワークショップの体験ができるお店(3店廻って完成する)
  2. 最後の3店目を軸に他の行きたいお店を含めたルートを決める

としました。

そして廻るお店は事前にHPの参加店舗からチェックして、あれもこれもとはせず、興味のあるお店だけ廻ることにしました。

↓第10回モノマチ公式HPです。

第10回を迎えた「モノマチ」は、古くから製造/卸の集積地としての歴史をもつ台東区南部・徒蔵(カチクラ)エリア(御徒町~蔵前~浅草橋にかけての2km四方の地域)を歩きながら、「街」と「ものづくり」の魅力に触れていただく3日間のイベントです。

ワークショップを体験する

今回は革の裁断(店名:マルジュウ)→革漉き(店名:浅原革漉所)→ファスナーのミシンがけとペンケース組み立て(店名:YKK)が体験できるワークショップを軸としました。

↓こちらが革の裁断→革漉き体験が終わった革です。

最後の仕上げはYKKでファスナーのミシンがけと革の組み立てです。

思いのほか1時間ほど待つことになりました。

しかし、ここで伝えたいことは

ワークショップの極意は「待つ時間も楽しむ。」

これに尽きると思います。

そう、実際YKKとヨドバシアキバが近いので気になっていた家電を見に行ってきました。ふっふっふっ。モノマチだけでなく日常の気になることも解決です。

モノマチは地図を確認すると近くにも参加店舗があると思うので、待つ間そちらを見にいくのもいいです。ゆるくいきましょう。

さて、YKKでファスナーのミシンがけとペンケースの組み立てをして、ペンケースが仕上がりましたー。

ジーンズのような柄の革に白のファスナーと金のハトメです。

革のペンケースや小物って色々なところで手にすることが多いと思うのですが、実際作ってみて感じたのが手間がかかるということ。品物の価格に反映されているのは理由があるということ。

慣れればさっとできてしまうことでしょうが、革だとやり直しがきかないのでやはり慎重になります。

こういうことも体験していろいろなことを知ることができます。

ちなみに体験料は

  1. 革の裁断(店名:マルジュウ) 1200円
  2. 革漉き(店名:浅原革漉所) 500円
  3. ファスナーのミシンがけとペンケース組み立て(店名:YKK) 300円

でした。

ショッピングを楽しむ

今回は事前に行きたいお店をいくつかピックアップしておきました。今年は今まで行ったことのないお店を廻ってみました。

ツバメノート

浅草橋にありますツバメノート株式会社は昭和22年の創業です。

海外でも販売されているというクラシックノートですが表紙にはいろいろと遊び心があり、今回購入してきたスターウォーズとのコラボのほかにもミッキーが表紙のディズニーとのコラボなどキャラクターが描かれた様々な種類がありました。

ツバメノート株式会社のホームページです。

Book Road ~葡蔵人~

こちらは台東区初のワイナリーをビル内で展開されているBookRoad~葡蔵人~です。

以前から気になっていたのですが、なかなかうかがうことができずにいました。普段は建物内のワイナリー見学ができますが、モノマチ中は1階での1杯300円の有料試飲販売のみ。

国産葡萄100%で作られているというワインをいただきました。

かわいらしいエチケットがとても合う、味わいもすっきりとしたナチュラルなBioみたいなワインでした。

VISION GLASS

普段は水・木の夜しかオープンしないVISION GLASSもモノマチ期間中はオープンしています。

インドの理化学機器メーカーが作っているグラスは直線が美しいグラスです。

直火でもオーブンでも電子レンジでもOKで、素材もビーカーみたいに丈夫そう。料理の盛り付けなどにも重宝しそうです。

まとめ

他にもおかず横丁や佐竹商店街なども覗いたりして、気が付けば11050歩、6.3kmの移動でした。

これくらいなら疲労もなく楽しむことができます。

今年も街を歩く人たちがマップやガイドブックを片手にしている姿を見て、街が活気ある姿にうれしくなりました。このビッグイベントを支えてくださっている実行委員の方やボランティアの方々、お店にも感謝しかありません。

例年通り街を歩くのは女性のグループが多かったですが、中高年や若い男性のグループも増えましたね。

モノマチは本日27日までです。ものづくりがお好きな方はぜひ足を運んでみてくださいね。

↓あわせておすすめの記事

予算2000円までのカチクラエリアでおすすめランチができるお店 モノマチ開催まで残り10日となりました。 ものづくりが好きで遠方...
蔵前・浅草橋の個性豊かな専門店11選 蔵前・浅草橋といえばモノづくりの街です。最近では古い建物をリノベーションして若いクリエイターがお...
蔵前おすすめカフェ5選 蔵前がカフェの街ですって? というのはウソかホントか知りませんが、バンダイやシルバニアファミリーでおなじ...

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

著者:株式会社鈴木商会 東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。複合機の刷り放題プランあります。お問い合わせください。

株式会社鈴木商会は各種OA機器販売、東芝複合機、京セラ複合機の販売とリース|東京を中心に一都六県並びに静岡県、愛知県で複合機とOA機器の格安販売とリースを中心としたオフィスの総合商社。鉛筆1本からネットワークソリューションシステムまで対応可能。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告