【上野】第2回酒屋角打ちフェスレポート ~昼から泡祭り~

2018年7月14日(土)~16日(月・祝)の期間、上野公園で開催されている第2回酒屋角打ちフェスに参加してきました!

今年の1月に第1回が開催されたのですが、いろいろとバージョンアップしていたのでお伝えしたいと思います。

酒屋角打ちフェスとは

街の酒屋さんがセレクトしたおすすめのお酒を、自由に飲み歩くイベントです。

今回は「泡祭り」と銘打ち、クラフトビールやスパークリングタイプの商品が数多く用意されています。

もちろん日本酒や焼酎、日本ワインなども豊富にあります。

なお、各店が用意する全ての「お酒」は、パンダの絵柄と「酒屋魂」のロゴが入ったオ
リジナルグラスで提供されます。

開催日時と会場

【開催日時】2018年7月14日(土)~16日(月・祝) 10:00~18:00

【会場】上野恩賜公園

参加費用

【前売り】1800円

【当日】2000円

オリジナルグラスと8枚つづり角打ちチケットがついてきます。追加の角打ちチケットは11枚で1000円です。

今回の参加角打ち店舗

今回は全国から20店舗が参加されておりました。ご存知の酒屋さんはありますか?

1 鈴大酒店 東京都北区豊島3-7-19 10時~21時 水曜日
2 井上酒店 埼玉県久喜市栗林東2-7-27 9時~20時 月曜日
3 染谷酒店 茨城県常総市菅生町181-2 9時~20時 水曜日
4 阿久津商店 茨城市古河市平野町25-8 8時~20時 日曜日
5 愛知屋
6 旭川酒販協同組合 北海道旭川市東8条3-1-20
7 伊勢屋 東京都大田区東雪谷3-27-1 8時~24時(日曜日 9時~22時) なし
8 山田屋
9 さかや栗原
10 中野新橋
11 中村酒店
12 升本屋 東京都港区西麻布4-18-20 月~金9時~22時 土9時半~21時 日曜・祝祭日
13 鴨下酒店 東京都府中市本宿町2-12-11 10時~22時 木曜日
14 KAKUUCHI FUTABA 東京都台東区蔵前4-37-4 11時~22時 日曜日・祝日
15 伊勢屋 鈴木商店 東京都練馬区石神井町3-17-12 11時~23時 不定休
16 浅草酒販連合会 東京都台東区元浅草1-14-12 10時~15時 土曜・日曜・祭日
17 浅草酒販協同組合
18 ことより酒店 東京都足立区弘道1-35-1 10時半~21時 火曜日
19 伊勢宇本店 東京都台東区鳥越1-29-5 月~金9時~19時 土10時~18時 日曜・祝日・第2・3土曜
20 むらまつ酒商類 東京都港区東新橋2-2-10村松ビル1階 月、火9時~19時 水、木、金9時~20時 土曜・日曜・祝日

酒屋角打ちフェスを楽しむ

事前に購入しておいた前売りチケット片手に、受付で交換します。

角打ち店舗で前売りチケットを購入するとパンダが描かれたかわいいペーパーチケットなのですが、passmarketでも購入することができます。passmarketではデジタルチケットなのでスマホ画面を受付で提示します。

オリジナルワイングラス、会場マップ、うちわ、角打ち券をもらいます。さて、どこに行こうか。

まずは会場をぐるっと1周して、どんなお酒やグルメがあるかをチェックします。

子どもに人気の射的です。

鳥越の伊勢宇本店です。つい区内のおなじみの酒屋さんをみつけるとうれしくなってしまう。

フードはイベントによくある牛串焼きとかハム焼きとかですが、アウトドアでいただくとなぜあんなに美味しいのでしょう。

人気はかき氷で、インスタにあげるのかな?という自撮りをしている方を沢山見かけました。

外国の方にとても人気だったのは鮎の塩焼き。フォトジェニックなのか写真撮っている方も、購入した鮎の塩焼きにかぶりついている方も沢山いらっしゃいました。

今年は鮎が豊漁らしいですね。

さて、チケットを消費せねばということで向かったのが、いつもお世話になっているKAKUUCHI FUTABAさんのブース。

ホワイトベルグ(チケット3枚)をお願いします。

わかりづらいのですがグラスにはパンダの絵が描かれています。

ブースを手伝っていらしたFUTABAの奥様にきゅうりの1本漬けをいただいてしまいました。ありがとうございます。とてもおいしくいただきました。

今回は泡がテーマということなので、泡しばりでいきたいと思います。

まずは茨城県日立市の宏和日立酒造のスパークリング日本酒Any.(チケット3枚)です。

↓Any.の公式サイトです。

Any.に合わせるつまみはおっきな椎茸のバター醤油焼です。

Any.は素直でくせのないお酒なので、場面や場所を選ばず、日本酒初心者の方など楽しめると思います。

残ったチケット2枚を使い切ろうということで、会場内を歩き回り見つけたのがオーストラリアのスパークリングワイン、COOL WOODSです。

シャルドネとピノグリで作られているワインは軽やかでさわやか、暑い夏の午後にはぴったりの一杯です。

会場の外に出ると重力を感じさせない大道芸の方がパフォーマンスをされていました。そしてその不思議な動きに泣き叫ぶ幼児も。まさにギャン泣き。リアルすぎてこわいっていう。

パフォーマンス力の高さですね。

おわりに

第2回目の酒屋角打ちフェスでした。

今回はあらたに会場マップが配られたり、おなじく配られたうちわの裏はスタンプラリー(お酒を買ったお店でスタンプを押してもらい、全部集めるとオリジナルステッカーがもらえる)になっているなどの仕掛けがありました。

今回は北海道からも出店があり北海道限定のお酒がいただけたり、東京の焼酎(主に伊豆七島で生産されている)がいただけたりと、バラエティ豊かなラインナップが印象的でした。

角打ちチケットも前回は3枚だったのが今回は8枚となっており、お酒を数杯楽しめるのもよかったです。追加でチケットを購入するほどではないけど、すこしずつ色々楽しみたいというにはうれしいシステムでした。

会場には外国のお客さんが多いのも印象的でした。

なにより会場のお客さんがみなさん楽しそうでした。暑い夏の昼下がりに角打ち、すばらしいじゃないですか。いろいろなお酒を楽しく楽しむ。そして日が暮れたら夜の始まりです。下町の酒場にくり出しましょう。

酒屋角打ちフェスは本日、7月16日(月・祝)までやってますのでぜひ足をお運びくださいね。

↓第1回目の酒屋角打ちフェスのレポートです。

ちょいと遅くなってしまいましたが、2018年1月19日(金)~21日(日)の3日間、上野公園で行われました『酒屋角打ちフェス』のイベ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告