【新御徒町】てんぷらと家康 天婦羅みやこし

日々、このブログを書いている担当者は依然として体調がいまひとつ。というわけで、

※今回もUFO・宇宙人・未確認動物・超常現象・歴史・軍事研究家の社長である私が代筆しております・・・・・

1616年(元和2年)、戦国の覇者・日本史にその名を永遠に残す稀代の人物

東照大権現・徳川家康がこの世を去った。

一般的に日本人は徳川家康は好物の天ぷらの食べ過ぎで死んだという、一種の都市伝説を信じている人が多い。

これは多分に大河ドラマの影響もあるだろう。

しかし、今日の解釈では胃がんによる死亡が正しいとされている。

だが、例によって歴史好きや一部の陰謀論者の間では、徳川家康は本当に病気で死んだのか?

という議論がある。

昭和の一時期に流行した「家康影武者説」などと共に私のお気に入りのテーマの一つであるのでこの機会に少し触れたいと思う。

徳川家康の死亡原因は寿命や前述した胃がんによる病没ではなくて、

①2代将軍 家忠の意向を組んだ幕閣の家臣の誰かが放った刺客の手によるもの。

②豊臣恩顧の大名、譜代家臣の一部が放った刺客の手によるもの。

と言った線は考えられないだろうか?

①は家康が家督を秀忠に譲った後も、自身は駿府に隠居すると言いながら実質的に江戸と対峙する二重政権を樹立してしまったことから、古くから家康につき従う家臣団と秀忠に忠誠を誓う新しい家臣団との対立があった事は知られている。

また、家康と秀忠の親子関係も決してスムーズだったというわけではない。

ここで、もし「家康影武者説」を引っ張り出してくるならば、その妥当性も何となく理解できよう。

つまり、家康と秀忠は本当の血のつながりはない関係であったかもしれないという事だ。

であるならば、秀忠こそ本当の家康の血筋であることを主張し、「偽物」「影武者」である邪魔者・家康を排除しようと考えても不思議はないのではないか?

②は豊臣恩顧の者や家康に因縁があるものは当時でも限りなく多かっただろう。

従って家康を亡き者にしようと企む者の黒幕としてはもっともありそうな話ではある。

これらの一種の怨念が家康の下へと刺客を走らせた。

ロマンかもしれないが、歴史の楽しみ方の一つだと思う。

ま、ともかくそんな徳川家康の愛した「天ぷら」は2018年・平成の世にあっても

日本人が大好きな料理である。

なかなか自分の身の丈に合った普段使いのできる天ぷら屋を見つけるのは難しいご時世だが、今日ご紹介する天婦羅みやこしはかなり満足度の高い天ぷら屋である。

参考になればうれしい。

「天婦羅 みやこし」

台東区の三筋。

駅でいうと、「新御徒町」が最も近く、「蔵前」からは結構ある。

大通りである春日踊りから入るが、なかなか分かり難い立地。

直接聞いたわけではないので、定かではないが当地ではもう長いこと営業されている、老舗と呼んでいい天ぷら屋である。

趣のある店構え。

正に暖簾をくぐって店に入れば、端正で控えめに高級感のある内装が期待を高めてくれる。

油一つなくきれいに手当てされたカウンター席。

奥にはお座敷席。

天婦羅みやこしのランチメニュー

ランチタイムメニューは

一番お勧めのサービスランチ1,000円~天丼1,400円、最も豪華な梅定食5,000円まで。

サービスランチ定食(平日限定)

当然一番人気のサービスランチをいただく。

サービスランチと言っても驚くなかれ、ご主人が一品ずつ丁寧に目の前で揚げてくれる。

十分なスペースのあるカウンター席に座って、ご主人が板場で丁寧にタネを手当てする様子を見るのも悪くない。

さてそうこうしているうちに天ぷらが揚がってきた。

まずは海老が2尾から。

小ぶりだが、とてもきれいに揚がっていて実にうまそうだ。

もちろん、粗塩と天つゆが用意されている。

ここはやはり塩か。

天ぷらの衣は下町らしく、やや厚め。

ごま油の香りを纏っていて実に食欲をそそる。

サクッと歯切れの良い音を微かに奏でて海老が口の中へと消えてゆく。

ジューシーな甘みが口いっぱいに広がる。

うーん、うまい !

1,000円でこんなにうまい天ぷらにありつけるとは。

海老に続いて、烏賊、鱚、穴子。

そして野菜は茄子、蓮根。

しじみがたっぷり入った赤だしは熱々だ。

ご飯はしっかりと炊かれていておいしい。

おそらくは天丼向けにやや硬めの炊き加減なのかと推測。

しかし、おいしいごはん。

ありがたいことにお代わりは無料だ。

更に食後のデザートとしてゆずシャーベットも付く。

天婦羅みやこしのおすすめポイント

繰り返すがこの内容で1,000円の天ぷら定食だ。

衣の厚さをどうとらえるかで評価が分かれるかもしれないが、俄然夜の部の期待したくなるもの。

次回は夜の部に訪問した際のレポートをお伝えしたいと思う。

お勧めできる天ぷら屋である。

台東区、新御徒町辺りにお出かけの際はぜひ。

天婦羅みやこしの店舗情報

店名:天婦羅みやこし

住所:東京都台東区三筋2-5-10 宮腰ビル1F

TEL:050-3476-5412

営業時間:[月・火・金]11:30~13:30 [土]11:30~13:00

[月・火・金~日・祝日]17:30~21:00(L.O.20:30)

定休日:水曜日・木曜日

座席数:28席

禁煙・喫煙:分煙

予約:可

天婦羅みやこしへのアクセス

地下鉄都営大江戸線 新御徒町駅 A4出口 徒歩8分

JR 御徒町駅 北口 徒歩20分

地下鉄都営浅草線 蔵前駅 徒歩10分


春日通りからも入った住宅街にあるので少々見つけづらいかもしれません。ぜひスマホの地図アプリなどで場所を確認されてくださいね。

↓こちらの天ぷらもすばらしかったです。

2017.9.30に蔵前にオープンしたてんぷら下村の紹介記事です。

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

著者:株式会社鈴木商会 

東京都台東区でOA機器販売の小さな会社をやっています。台東区の美味しいお店やイベントを紹介しています。複合機販売では東京で2番目に低価格です。複合機の刷り放題プランあります。お問い合わせください。

Facebook:suzukisyoukaitaitou  / Twitter:@suzukitaitou

天婦羅 みやこし天ぷら / 新御徒町駅蔵前駅田原町駅

昼総合点

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告