【浅草】酉の市2018 熊手の買い方や決まり事、鷲神社についてご紹介します

はじめに

平成最後の酉の市ですよー。今年のの酉の市は三の酉まであります。三の酉ともなるともう真冬といった様相で一気に寒さが増しますね。

酉の市、なにしろ「商売繁盛」なので活気があって楽しいんですよね。

ここでは一般的な熊手の買い方や決まり事などにも触れるとともに、酉の市といえば浅草 鷲神社の酉の市について詳しく紹介してまいりたいと思います。

酉の市とは

酉の市は関東に独特の風習で、各地の鷲神社、大鳥神社の祭りに立ちます。

酉の市の発祥は足立区花畑の大鷲神社で「本の酉」といわれますが、現在は浅草・長國寺の鷲大明神の酉の市が有名です。

11月最初の酉の日を「一の酉」次を「二の酉」3番目を「三の酉」といいます。

三の酉まである年にいわれること

年によって二の酉と三の酉まである年があります。俗に「三の酉のある年は火事が多い」といわれます。

これは鶏(酉)が宵に鳴くと火事が出るといういい伝えや、鶏のとさかが赤いところから生まれた連想のようです。

また三の酉の頃には寒さも厳しくなり、火を使う機会が増えるので、火事を戒しめる意味もあるようです。

熊手の買い方

熊手の買い方のポイントは4つです。

1.店の前に立つと熊手商から声がかかるので、予算を伝えます。安く購入するほど縁起がいい     とされていますので、最初は予算より少なめに伝えるのがポイントです。

2.熊手商との駆け引きを楽しみながら値段を決めます。昔は値切った分を「ご祝儀」として店     に置いてくるのが粋とされていましたが、決まりではありません。

3.手に入れた熊手を店の中央に掲げます。熊手商の威勢のいい掛け声を合図に、手じめが行わ     れます。元気よく「ありがとうございました」といって〆ましょう

4.購入した熊手がより多くの福をかきこんでくれるくれることを願い、帰りは熊手を高く掲げ     て歩きましょう

熊手を購入する際の決まりごと

熊手を購入する際のポイントは3つです。

1.毎年少しずつ大きい熊手にしていきましょう

2.前年の熊手を持参して熊手の納め所におさめましょう

3.熊手は玄関の入り口に向けて少し高いところに飾りましょう

2018年の浅草 鷲神社酉の市の日にちと開催時間

2018年は三の酉まであります。火事に注意しましょう。

一の酉: 11月1日(木)

二の酉: 11月13日(火)

三の酉: 11月25日(日)

開催時間:0時~24時

浅草 鷲神社の場所を確認

東京メトロ日比谷線 入谷駅 徒歩7分

つくばエクスプレス 浅草駅 徒歩8分

東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩15分

浅草 鷲神社 酉の市行事予定

●宵宮祭      前日23:15~

●当日祭      当日13:00~

●酉の市特別御祈願 当日随時 (御祈祷料は5000円~です)

●一番福      一番札をもらった方に純金小判根付をプレゼント(各酉の市限定3本)

浅草 鷲神社 イベント会場の催し物

●第35回チャリティーオークション…各酉日の17時より

●富興行…昨年の寶(たから)短冊または1000円で純銀小判が当たります!各酉日0時~2時・9時~24時

●第30回クイズ投票箱…随時

●幸運を授ける鷲舞ひ…各酉の日 3回 御奉納:瑞鷲渡殿(ずいじゅわたりでん)及びイベント会場①0時頃 ②18時頃 ③20時頃

浅草 鷲神社の様子

とにかくひとでごっだ返す鷲神社です。全部で70の熊手店が軒を連ねるので、あちこちで掛け声が聞こえてきてとてもにぎやかです。とても立派な熊手に見惚れます。

熊手は予算を決めるとはいっても、売れ筋は20000円~50000円ほどとのこと。

熊手の買い方でも述べたように熊手商との駆け引きをたのしみながら買うのが粋…なのはわかってるけど、駆け引き文化にいない小市民です。

とにかく熊手を買うと決めたら、じっくり気に入ったものがみつかるまで探しましょう。

どうしても駆け引きができないという初心者は、金額がきまったお守り風の大熊手なんていうのもありますので、こういったところからはじめるのもいいかもしれません。

社務所で購入することができます。

↓熊手店の配置図です。PDFダウンロードできます。

平成30年度、鷲神社境内の熊手店の配置図です。 境内の熊手店を探すのにご活用下さい。

参拝

熊手購入の前に参拝しましょう。とはいってもすごい人なんですね。時間にしてどの程度並ぶのかわかりませんが、参拝はお忘れなく。

社務所では酉の市限定の熊手御守を購入することができます。

出店

鷲神社近くには出店も出ます。こちらで食べ歩きしつつお祭り気分を味わうもよし、じっくり腰を据えて飲んでいる人もいるので、ストリート居酒屋に変身です。

浅草 鷲神社近くの美味しいお店

せっかく鷲神社に来るのだから美味しいものも楽しみたい、という方におすすめのお店をご紹介します。

雑誌で浅草特集があると、必ずと言っていいほど掲載されるお店、こちらの『ペタンク』さんです。 実際、私の手元には東京カレンダーと...
浅草観音裏の蕎麦店、弁天の紹介記事です。
東京を代表する釜飯のお店です。つまみも美味しいし雰囲気も下町らしく、接客もいいので知人が浅草で呑みたいとなると案内しておりそして喜ば...
いやー、浅草寺北側の観音裏エリアにはまだまだ素敵なお店がありますね。 この日は観音裏で洋食を求めてさまよっておりました。曇り空...
観音裏の『食菜朋』さんです。一度ランチで伺いました。 ランチが美味しかったのでディナーでゆっくり伺いたいと思っていたら間が空い...
浅草寺の北側、浅草観音裏に2016年12月にオープンしたフレンチのルディックのジビエ料理の記事です。

おわりに

一般的な熊手の買い方や決まり事から、浅草 鷲神社の酉の市について見てまいりました。

筆者は商売人ではないので熊手は購入しないのですが、雰囲気が好きで毎年見に行っています。

商売繁盛を祈願しているだけあって、会社のグループで来ている方を沢山見かけますが、大きな熊手を肩に乗せてドヤ顔で歩いている人とすれ違うと、「おっ、今年もがんばったんだね!」と心の中でメッセージを送ったりしてます。

まだ酉の市に訪れたことのない方、ぜひ一度のぞきにいらしてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

スポンサーリンク



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告