【蔵前】菓子屋シノノメがお引越し。喫茶室がオープン 喫茶半月 

インスタ映えがすごすぎるfrom afar 倉庫01の工房的役割を担っていた、蔵前の菓子屋シノノメがお引越しをしました。

新店舗は大江戸線蔵前駅に近くなり、広くなり、2階に喫茶スペース『喫茶半月』ができました。

というかですね、1周廻っておしゃれすぎる。おしゃれすぎて、素敵でめまいがしました。ちいさい街の蔵前にカフェはいくつもありますが、どことも違う、喫茶半月。

では紹介してまいりたいと思います。

喫茶半月はどこにあるの?

店名喫茶半月
TEL 
営業時間木~日12:00~19:00(L.O18:30)
定休日月~水
住所東京都台東区蔵前4-31-11 2F
map

春日通りと国際通りの交差点を少し入ったところにお店があります。1Fは菓子屋シノノメなので、シノノメの店内の階段から2Fに上がりましょう。この時点ですでにアンティークな雰囲気が漂ってきますね。

喫茶半月のメニュー

写真、撮れませんでしたがスイーツが4種類、カフェはひと揃えあります。お値段はスイーツもカフェも500円程度です。

栗のシュークリームとコーヒー

1階の菓子屋シノノメの奥が工房になっていて、そちらで作られているシュークリーム。

キャッシュオンデリバリーなので、先にお会計です。

マロンクリームは甘さ控えめで、シュー皮はさくさく。カットされた栗がごろごろ入ってます。

素敵なカップはノリタケです。うっとり。

茶色を基調としたアンティークな雰囲気の店内は、壁面にノリタケのカップ&ソーサ―が飾られています。

元は家具屋さんだったというビルなので、広々としていて全体的に空間にゆとりがあります。

お客さんが結構入っていたのであまり写真撮れなかったのですが、インスタグラムを見てほしい。

★こちらの#喫茶半月のインスタグラムをぜひクリックしてみて★

筆者の文章と写真では素敵感が全然伝わらないのがつらい…。とにかく空間と色合いがほれぼれします。

営業日が木・金・土・日と週4日だけなので少々ハードル高いですが、蔵前に新たなスポットが誕生です。

店内広く、座席の数もありますので、おそらく並ぶようなことにはならないと思います。

道具屋nobori

from afar 倉庫01、菓子屋シノノメとおしゃれがあふれて止まらないのですが、さらにもう1軒お店を展開されています。

『道具屋nobori』さんといいます。

実店舗が東京メトロ銀座線田原町駅すぐ近くにあるのですが、こちらは写真撮影不可なのでHP情報だけ。

店内の雰囲気は菓子屋シノノメさんと同じようなアンティーク調で、静かな時間が流れています。

ときどきお店に入っては、器を手に取り買おうか悩むのが幸せな時間でもあります。

実店舗は木・金・土・日(11:00~18:00)のみの営業ですので、喫茶半月とあわせて訪れるとより雰囲気を楽しむことができます。器好きの方は特におすすめです。

道具屋noboriの公式HPはこちらをクリック。

ランキングに参加しています

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

あわせてこちらもおすすめ記事です

蔵前のすてきなカフェを紹介しています。

【蔵前】インスタ映えのスぺシャリテ・あまおうフルーツサンドとカフェラテ コフィノワ

2018.02.04

【蔵前】革製品とカフェ融合で素敵な空間を創り出している CAMERA

2018.01.25

【蔵前】蔵前カフェ文化の先駆け的存在 ソルズコーヒーロースタリー

2018.01.18

【蔵前】シン・ゴジラのごとくの進化、そして戦闘力がすごいことに 鷰(en)

2018.12.07

【蔵前】カメラと写真をコンセプトにしたゲストハウスがオープン!FOCUS KURAMAE

2018.10.29

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA