【御徒町】セルフサービスの今宵はなにをつまみにするべきか 味の笛

御徒町の吉池はご存知ですか。

たびたび吉池について書いている当ブログですが、筆者は吉池が大好きです。いつか吉池について語る記事を書きたいと思っているのですが、吉池は豊富な海産物だけでなく、生鮮品、珍味などコンテンツが豊富すぎてまとめきる自信がありません。

そして本日は吉池直営の角打ち居酒屋『味の笛』の話です。たびたび伺っていますが、そこはまるで角打ちパラダイスなのです。

味の笛はどこにあるの?

JR御徒町駅高架下の『味の笛』です。15時の開店には常連さん、17時を過ぎると仕事帰りの企業戦士が1日のつかれを癒しに味の笛ののれんをくぐります。

「越後の地酒と別海(道東)の幸と」。スーパー吉池の酒売り場でも越後の日本酒がずらりと並んでいます。

店名 味の笛
TEL 03-3837-5828
営業時間 15:00~22:00
定休日 日曜日
住所 東京都台東区上野5-27-5 1F・2F
map

 

味の笛のメニュー

まずは生ビール250円、タカラ焼酎ハイボール200円、ブラックニッカハイボール250円という値段がうれしいでしょ?

まずはお盆を手に取り、セルフサービス列の一番最後に並びます。

味の笛ではセルフサービス方式でおつまみを取っていきます。

やきとりなどの温めたほうが美味しいものは「温めますか?」と聞いてくださいます。

ラップがかかったおつまみは基本200円ほどで、高くても400円ほどです。

野菜中心のおつまみから焼魚まで種類豊富です。

五目玉子焼きやスパゲティサラダ、塩らっきょうなど…なににしようか。

もちろんお刺身も充実しています。刺身2点盛り350円、3点盛り500円という、「新鮮魚介を市場の安さで」とうたう吉池ならではの価格設定です。

本日のおすすめは肉じゃがとかきのクリーム煮なんていう、洒落たメニューもあります。

セルフサービスなので後ろに人が並んでいると注文を焦るんですよねー。

生ビール

吉池ではいつも生ビール(250円)です。新潟の日本酒が充実しているのですが、この使い捨てのクリアーカップが味があっていいんですよね。

そしてこのカップはエコキャンペーンとしてリサイクル活動も行っています。

肉じゃが

温めをお願いしたおつまみはあたためが終わると「肉じゃがとやきとりと二点盛りのかたー」と呼ばれます。呼ばれたらすみやかに引き取りに行きましょう。

本日のおすすめの越後もち豚使用の肉じゃが(400円)です。これがねー、美味しいんだ。豚肉もたっぷりで柔らかいし、じゃが芋はほくっとしてるし、味つけもきまってる。

お刺身2点盛り

タコとまぐろの2点盛(350円)です。いちいち切り身が大きいのが特徴です。さすがに刺身は新鮮です。お刺身はまぐろぶつが250円、2点盛で350円、3点盛500円。自宅で酒盛りやってるんじゃないんだよ?ってな具合です。

ぼんじり(150円)とねぎま(130円)です。

おつまみは肉じゃが、お刺身2点盛り、焼鳥2本とビールで〆て1280円でアガリです。

口コミ

 

まとめ

味の笛のおすすめポイント満載なのですが、まとめると以下の3点になります。

  1. 安くて美味しいおつまみ。なにを選ぼうかと迷うセルフサービスも楽しい
  2. 豊富な越後の地酒が楽しめる
  3. そして懐にやさしい!

吉池の創業者が新潟出身ということで、越後の日本酒が豊富です。1合300円~600円程度の価格設定です。越後銘酒セットという(しかも越後の漬物がついてくる)魅力的なメニューもあります。

15時開店の味の笛は17時を過ぎるとぞくぞくとお客さんが入ってきます。まずはカウンターに並び、おつまみを取りましょう。精算が済んだ後、空いているスペースを見つけて、自分の場所を確保します。

1Fは立ち飲み、2Fは2人掛けのテーブルが並ぶテーブル席となっており、複数で来店のグループは2Fに上がり、ひとりでの来店は自然と1Fに流れるような雰囲気でもあります。17時過ぎの就業後の時間帯によっては店内がぎゅうぎゅうになることも予想されます。

筆者はいつも3品程度おつまみを先に集めてくるのですが、これが上級者になると1品ずつじっくり日本酒とのマリアージュを楽しみ、自分の時間を味わっています。

そして十分堪能したらお店を後にしましょう。続々とお客さんが入ってくるので長居は無用です。

ランキングに参加しています

クリックしていただけるとがんばれます。よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

おすすめの記事です

おもに御徒町の魚の総合デパート「吉池」がすごいということについて書きました。

【御徒町】吉池の実力を料理教室で知る。そして料理教室でいわしをさばいた話 吉池

2018年11月9日

【御徒町】魚をさばきたい!丸のままの魚が手に入らない時の救世主 吉池

2018年11月8日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA