【御徒町】がっつりからセンベロまでカバーした餃子専門店! 大阪王将御徒町店

大阪王将は1969年(昭和44年)、大阪京橋の駅裏のたった5坪の店からスタートました。

現在、日本国内では栃木県・山梨県・滋賀県を除く44都道府県と日本国外にも多数店舗が存在します。しかしながら東京では「餃子」で「王将」といえば、「餃子の王将」が広く知られているのではないでしょうか。

実際に東京都内の店舗数は大阪王将が44店舗に対し餃子の王将は66店舗です。大阪王将の名前は知っておりつつもなかなか縁がない大阪王将でしたが、御徒町駅前店のオープンにより、やっと気軽に大阪王将いただくチャンスがやってきました。

早速伺ってみましょう。

大阪王将 御徒町駅前店はどこにあるの?

外には名前を書くボードが用意されています。17時過ぎの入店でも結構お客さんが入っており、店内に入ると2階に案内されました。

お店はJR御徒町駅をでて徒歩1分もかからない立地にあります。

関連ランキング:中華料理 | 御徒町駅仲御徒町駅上野御徒町駅

大阪王将 御徒町駅前店のメニュー

大阪王将 御徒町店のメニュー

元祖焼餃子       241円

ネギごっつ盛り焼餃子  300円

水餃子         491円

ほか、麺やチャーハン、どんぶりなどが充実してます。

秘書
初めての大阪王将なので、シンプルに餃子の味わいを楽しみたいと思い、元祖焼餃子1人前とごはんセットを注文です。おつまみや小メニューもあるので、センベロ的な使い方も◎です

大阪王将 御徒町店の注文方法 小皿・箸などの設定場所

注文は各テーブルに設置されているタブレットから注文します。上野や浅草など、THE・観光地ではインバウンド対策で取り入れるお店も多くなってきているシステムです。

ピピっと生ビールと餃子を注文です。

テーブルの引き出しを開けるとお皿と割り箸、お手拭きが用意されています。

生ビール

量はたっぷりの生ビール、これで420円はうれしいですね。

元祖焼餃子

しばらくして焼き色がきれいな餃子が到着です。6個で241円はうれしい価格。

割ってみるとキャベツがたっぷりで、にんにくの香りはそこまで感じられません。表面がパリッとした焼餃子です。

国産の食材を使用して工場直送の餡を各店舗で包むというこだわりぶりです。国産というと安心感が増しますね。

テーブルには酢や酢醤油が置いてありますが、ひときわ目を引くのが「元祖鉄ラー油」です。

元祖鉄ラー油とは

“鉄”それは高温のネギ油で一気に炒めた上等な唐辛子。この”鉄”をラー油造りに欠かせない唐辛子に使用し、絶妙な香ばしさをもたせたものを”鉄ラー油”といいます。

この鉄ラー油の容器からスプーンを引き上げると、容器の半分くらいは油に浸かった唐辛子で、引き上げの重さがあることに驚きました。

唐辛子を少なめにとラー油を酢醤油に入れていただきました。唐辛子の辛さがピリリとしまっていて美味しいです。

口コミ

まとめ

今回は餃子中心にいただきましたが、がっつり食べたい時の麵類や丼ぶりを中心とした定食メニューから、お子さんや女性にうれしい、ハーフサイズメニューもあります。また仕事帰りにちょい飲みもたのしい中華系のおかずが充実しているというのも使い勝手が良く、うれしいところです。

とはいえ、大阪王将が近くにない、でも味わってみたいというかたもいらっしゃるでしょう。そんな方にはインターネットショッピングがおすすめです。

お店で味わえるメニューがそのままおうちに届くので、ホームパーティーなどにも重宝しますね。

ランキングに参加しています

クリックしていただけるとがんばれます。よろしくおねがいします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

おいしい餃子がいただけるお店を紹介しています

【御徒町】一度はここの餃子を食べてほしい 中華珍満

2019年2月14日

【浅草】昭和の町中華のかくれた名店がここにもあった 博雅

2018年11月29日

【蔵前】昭和にタイムスリップしたような町中華 太白楼

2018年8月27日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA